1. ホーム
  2. Q&A
  3. 自毛植毛
  4. ≫スマートグラフト自毛植毛法(AGAスキンクリニック)の特徴@切らない手術なので目立ちにくい

スマートグラフト自毛植毛法(AGAスキンクリニック)の特徴@切らない手術なので目立ちにくい


前回の記事では、AGAスキンクリニックで受けられる自毛植毛『Hair Moving植毛法』について紹介しました(詳細は次の記事です)。
【参考】Hair Moving植毛法(AGAスキンクリニック)の特徴


しかしAGAスキンクリニックで受けられる自毛植毛はこれだけではありません。実はもう1つ別の施術方式である『スマートグラフト自毛植毛法』での手術を受けることができます。


そこで本記事では、そのもう1つの手術方式である『スマートグラフト自毛植毛』について、どんな治療法なのか、手術の流れ、メリット・デメリットを詳しく解説します。


AGAスキンクリニックでの自毛植毛手術を検討している方や、植毛での薄毛治療を考えている方には参考になる内容ですので、ぜひチェックしてください。

スマートグラフト自毛植毛法とはどんな治療法なのかを解説


スマートグラフト自毛植毛法は『スマートグラフト』と呼ばれる自毛植毛用ロボットと、『専用パンチ』で移植する髪を採取します(下記画像参照)。

※ 左の機械がスマートグラフト、右がパンチ

これまでの自毛植毛ロボット※の中には染めた髪や白髪には対応できないものもありました(髪を採取する際に画像処理が必要で、それに対応ができないため)。

※ロボットを使うことに驚いた方も多くいるかもしれませんが、海外を中心に自毛植毛手術ではドナー(移植する髪)の採取にロボットを活用するクリニックが増えてきています。なお日本国内でもTOMクリニックや湘南美容外科では、『ARTAS』と呼ばれる自毛植毛ロボットで手術をしています。
【参考】TOMクリニックの口コミと評価【リーズナブルな薄毛治療】

しかしスマートグラフト自毛植毛では、専用パンチを使い植える毛(ドナー)を採取は人が目で診て手作業で行うんですね。そのためカラーリングした髪・白髪・薄毛の方にも対応ができます。


なお採取した毛を植え付ける作業はすべて手作業のため、仕上がりが自然に見えるメリットもあります。さらに頭皮を切開・縫合する必要がないのでダウンタイム(手術から)が短くて済むというのは、患者さんにとって嬉しい点ですね。


ちなみにスマートグラフト自毛植毛法に限らず、自毛植毛では後頭部や側頭部などの男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けにくく、抜けづらい毛を移植に使います。


これらの部位の毛は、たとえ生え際や頭頂部に移植しても、抜けにくい特性を維持しますので、自毛植毛手術で植えた髪は薄毛になりにくいです。もちろん生着後は他の自分の髪と同じように生えて抜けてを繰り返します。

スマートグラフト自毛植毛法の手術の流れ


移植する毛を採取しやすくするために、後頭部や側頭部の毛の一部を短くカットします。カットするのは部分的にですので、周囲の毛が長ければ短かくした箇所はその髪で隠せます。


専用パンチ(小さいメスのような器具)で植える毛を採取していきます。パンチした箇所は1mm程度の傷ができますが、1日程度で傷は塞がります。もちろん縫合の必要もありません。


採取した髪は植毛後の生着率を高めるために冷却した状態で保管します。株分け作業(毛穴・グラフト単位で毛を切り分けていく作業)もこの時に行います。


株分けが終わったら生え際や頭頂部などの薄くなった箇所への植え付けです。植え込み作業はすべて手作業での仕上がりは自然となります。


手術終了後は傷跡部分を保護するために包帯を巻きますが、翌日には取っても大丈夫です。頭皮の洗浄も手術の2日後にはできるようになるのでダウンタイムは非常に短いです。

スマートグラフト自毛植毛のメリット

1.頭皮を切開・縫合しないので傷跡が目立ちにくい


自毛植毛手術ではドナー(植え込む毛)を採取するために、頭皮をメスで『切る方式』と『切らない方式』があります。


切る方式の場合は切った箇所の縫合が必要になるので、どうしても術後に目でみてわかる傷跡が残ります。


一方『スマートグラフト自毛植毛』のように切らない方式だと、縫合の必要が無いため術後の傷跡も目立ちにくいです。専用パンチで1mm程度の傷がつくだけなので、早い人なら翌日には治っています。

2.ダウンタイムが短いので周囲からも手術したことはバレにくい


上述したようにスマートグラフト方式の場合、早い人なら24時間程度でドナーを採取した箇所の傷はふさがります。そのため包帯も翌日には外すことできるので、周囲が手術を受けたことはバレにくいです。


なお毛を採取する後頭部や側頭部は髪を部分的に短く刈り込む必要がありますが、周囲の髪で隠すことができるので、髪をめくられない限りバレることはないでしょう。

3.植え付けは手作業なので仕上がりが自然


スマートグラフト自毛植毛では採取した髪の植え付けはすべて手作業で行います。


その際に毛の流れ・密度に違和感がないように植え付けを行うので、自然な仕上がりとなります。


手術したことを周囲に内緒にしている方にとっては、自然な仕上がりは重要なポイントの1つなので、周りは植毛したことをバレたくない方にとては嬉しいメリットです。

スマートグラフト自毛植毛のデメリット

Hair Moving植毛法に比べて基本料金が高い!


AGAスキンクリニックでは『スマートグラフト自毛植毛』と『Hair Moving植毛法』の2種類の手術方式がありますが、今回紹介したスマートグラフト方式の方が基本料金が5万円高いです。

■AGAスキンクリニック自毛植毛の基本料金
  • Hair Moving植毛法…25万円
  • スマートグラフト自毛植毛…30万円
その差は5万円。この5万円を高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれかと思いますが、1円でも安く済ませたいという方は『Hair Moving植毛法』を選んだ方が良いでしょう。


なおどちらにするか悩んでいる、あるいは自分に合った手術方式を知りたいという方は、一度AGAスキンクリニックで無料カウンセリングを受けて相談してみるのが良いでしょう。


次の記事で無料カウンセリングを受けられるお近くのAGAスキンクリニックをチェックできます。
AGAスキンクリニックの口コミ・評判
※こちら(↑)自毛植毛以外の薄毛治療も解説しています。

【まとめ】スマートグラフト自毛植毛はこんな人におすすめ


以上、今回の記事ではAGAスキンクリニックで受けられる『スマートグラフト植毛法』の特徴、施術の流れ、メリット・デメリットについて解説しました。


それらを踏まえてスマートグラフト植毛法をおすすめできるのは次のような方です。

■スマートグラフト植毛法をおすすめできる人
  • 頭皮の切開・縫合をしたくない人
  • 手作業で自然な仕上がりにしたい人
  • 薬での治療で効果がなかった人
  • 手っ取り早く見た目を改善したい人
  • 薄毛が気になる箇所をピンポイントで改善したい人
  • ダウンタイムはできるだけ短い方がいい人
  • 周囲に自毛植毛したことが秘密にしたい人
なおスマートグラフト自毛植毛は、AGAスキンクリニックの『新宿アイランドタワー院』にて受けることが可能です。


新宿アイランドタワー院で院長を務められている西垣先生へのインタビューは次の記事でご覧いただけます。
【参考】現役医師が教えるAGAクリニックの選び方と正しい薄毛治療【医師監修】
※AGAクリニックを選ぶポイントについて詳しく解説してくれています。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。