1. ホーム
  2. Q&A
  3. デュタステリド
  4. ≫ザガーロにジェネリック医薬品あるの?商品名が知りたい

ザガーロにジェネリック医薬品あるの?商品名が知りたい

ザガーロジェネリック

2015年9月に男性型脱毛症(AGA)の治療薬として承認がされた『ザガーロカプセル(販売:グラクソ・スミスクライン社)』。発売がされたのは2016年6月という販売間もない内服タイプの薄毛治療薬です。

これまで内服タイプの薄毛治療薬で、厚生省に認可されていたものは『プロペシア(販売:MSD社)』しかありませんでしたので、プロペシアが効かなかった方にとって、ザガーロカプセルは救世主になる可能性があるお薬です。。

ちなみにプロペシア(有効成分フィナステリド)は毛乳頭細胞内にあるⅡ型の還元型酵素5αリダクターゼの働きを阻害して、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)という男性うホルモンを作らせない働きをします。ただし、働きかけるのはⅡ型の酵素に対してのみです。

一方、ザガーロの有効成分デュタステリドは、Ⅱ型だけでなくⅠ型の還元型酵素を阻害する働きがあります。そのため、専門家の中にはプロペシアよりも効果を期待できる薬という意見の方もいます。臨床試験の結果を見ても、効果に関してはかなり良好な結果を得ています。

※ 効果があるということは、その反面副作用のリスクが高くなるということです。そのため、決してプロペシアよりもザガーロが優れているわけではありません。その点は誤解しないでください。

ただし、ザガーロはまだ販売されたばかりのお薬のため、値段はプロペシアと比べると高額で処方料金のその相場は1万円前後です。

そのため、値段がネックになって使用をためらっている方も多いかと思います。では、リーズナブルに購入できるザガーロのジェネリック医薬品は販売されていないのでしょうか?

ザガーロカプセルのジェネリックはまだ販売されていません

薬

ザガーロカプセルのジェネリック医薬品は、本記事執筆時点ではまだ販売されていません。そもそも、日本では先行医薬(今回のケースではザガーロカプセル)の承認後に原則6年間(最大で10年間)は、ジェネリック医薬品の申請ができない決まりとなっています。

ザガーロカプセルの場合、厚生省の承認がおりたのは2015年9月ですから、どれだけ早くても2021年9月まではジェネリック医薬品は販売されません。もちろん、法律が変われば別ですが…。

2021年となると、東京オリンピックが開催される2020年よりも先の話ですから、現在進行形で薄毛で悩んでいる人がそこまで待つというのは現実的では無いでしょう。それにもし、最大年数の10年が適用された場合には、2025年まで待たなくていけません。

値段がネックになっているならリーズナブルなAGAクリニックを探せば良い

貯金箱

ザガーロジェネリックを探している理由が値段の場合、ザガーロをリーズナブルに処方してくれるクリニックを探すのは1つ方法です。

例えば、AGAスキンクリニックや湘南美容外科クリニックであれば、どちらも初月4千円台でザガーロカプセルを処方してもらうことができます。もちろん、どちらのクリニックも処方しているのは正規品です。

いずれのクリニックも初回カウンセリングは無料で受けられるので、治療費を抑えてザガーロを試してみたい方は、一度相談してみるのが良いでしょう。

【参考】AGAスキンクリニックの口コミと評価
※ ガクトさんのCMでおなじみのAGAクリニック。患者さんの発毛実感率が99.4%と非常に高いです。

【参考】湘南美容外科クリニックの口コミと評価
※ 投薬治療、メソセラピー、自毛植毛など自分の症状にあった薄毛治療が受けられるクリニックです。

海外医薬品を個人輸入で購入して使用するとは推奨しません

バツサインを出す医者

お薬事情の詳しい方の中には、「ザガーロと同じ有効成分のデュタステリドが入った薬なら、個人輸入で安く買えるでしょ?」と考える方もいるかもしれません。

たしかに、個人輸入代理店を活用すれば、アボダート、デュタス、デュプロスト、デュタプロスなどのデュタステリドが配合されたお薬を買うことができますし、中にはザガーロよりも安いお薬もたしかにあります。

しかし、気をつけなくてはいけないのは個人輸入を手に入れた薬が偽薬である可能性があることです。

特にAGA治療の薬は人気が高いため、偽薬製造を専門とする業者のターゲットになりやすいんですね。もし、偽薬を使用して健康被害が起こったとしても、自己責任で片付けられる可能性が高いので、わずかなお金のためにそんなリスクを起こすのは危険です。

個人輸入での医薬品の購入については、被害者が増加していることもあり、厚生省も注意喚起していますので、くれぐれも注意するようにしましょう。

【参考】ザガーロは個人輸入で購入できる?アボダートやデュタスなどのお薬

■本記事のまとめ

ザガーロカプセルのジェネリック医薬品は、まだ国内では販売されていません。ジェネリックの発売開始は早くても、2021年9月の予定です。

なお、AGAスキンクリニックや湘南美容外科クリニックであれば、初月4千円台でザガーロを処方してくれますので、少しでも安い値段でザガーロを手に入れたいのなら、それらのクリニックで相談してみるのが良いでしょう。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【2019年】薄毛治療におすすめのクリニック

人気・知名度・実績の全てが高評価のクリニック!
AGAスキンクリニック
4.8
相談無料
診察完全予約制
治療院数51医院
治療内容投薬治療、自毛植毛、ヘアタトゥー、育毛メソセラピー、LED治療など
AGAスキンクリニック

全国に51ヵ所の治療医院が『AGAスキンクリニック』。発毛実感率が99.4%に達しており効果を期待できる薄毛治療が受けれます。3400円というリーズナブルな金額で治療を始められるのも嬉しいですね。

ヘアメディカル
患者数170満人を突破!
ヘアメディカル
4.6
相談無料
診察完全予約制
治療院数5医院
治療内容投薬治療

18年間もの薄毛治療実績がある『ヘアメディカル』。これまでに170万人以上の薄毛治療をしてきたため、実績面は素晴らしいです。現在も毎月15,000人以上の患者さんが訪問しています。

銀クリAGA
全国から患者が訪れる人気
銀クリAGA
4.5
相談無料
診察完全予約制
治療院数1医院
治療内容投薬治療

育毛メソラピー治療が2万円以下の金額で受けられる『銀クリAGA』。治療医院は東京にしかありませんが、人気が高く全国各地から患者さんが訪れるクリニックです。

【髪のプロが選ぶ】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。