1. ホーム
  2. 育毛剤・発毛剤
  3. 最新情報
  4. ≫話題の育毛剤『メソセラポス スカルプリキッド』の効果・副作用・口コミ

話題の育毛剤『メソセラポス スカルプリキッド』の効果・副作用・口コミ


AGAクリニックで受けられる最先端の薄毛治療の1つに『育毛メソセラピー』があります。


この治療の特徴は頭皮の内側にある毛母細胞や毛乳頭へ、発毛を促す『成長因子(VEGF、IGF-1、KGFなど)』を直接注入するAGA治療の方法です。


内服薬のように体の内側からアプローチしないので副作用が少なく、直接発毛に関係する毛母細胞へアプローチすることができるので効果も期待できると注目されています。


東京にある銀クリ(銀座総合美容クリニック)を始め、この育毛メソセラピーを導入するAGAクリニックが増加しています。


ただし内服薬や外用薬とは違い、育毛メソセラピーの治療を受けるためにはクリニックの通院が必要でした。いくら効果のある治療とわかっていても、忙しくてそんなに頻繁に病院へ行くのが難しいという方もいるでしょう。


またメソセラピーの相場は1回あたり6万円-8万円くらいするため、時間があっても経済的な理由で治療を受けるも難しいという方もいらっしゃるです。


しかし最近になって育毛メソセラピーに近い治療を、自宅で受けるられるアイテムが登場しました。それがメソケアプラス+から発売された『メソセラポス スカルプリキッド』です。これなら自宅に居ながら成長因子に着目した薄毛ケアに取り組むことができます。


そこで実際に『メソセラポス スカルプリキッド』を購入してみましたので、その特徴・働き(メカニズム)、正しい使い方、お得な購入方法について紹介します。


メソセラポスの効果や副作用、使ってみた感想(購入者の口コミ)が知りたい方や、自宅できる本格的なAGAケアをお探しの方はぜひチェックしてください。

メソセラポス スカルプリキッドの商品の特徴

基本情報


メソセラポス スカルプリキッドの商品基本情報は次の通りです。

  • 商品名:メソセラポス スカルプリキッド
  • 価格:11,000円(税込)
  • 内容量:120ml
  • 対象:男女兼用
  • 支払い方法:代引き・クレジットカード払い
  • ボトルタイプ:スプレー
  • 送料:公式サイトから注文すれば無料

育毛剤の全成分


水、BG、ペンチレングリコール、イソマルト、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルデカペプチド‐3、アセチルテトラペプチド‐3、ヘキサペプチド‐33、オクタペプチド‐2、オリゴペプチド‐41、オリゴペプチド‐74、デカペプチド‐4、リボース、アカツメクサ花エキス、エンドウ芽エキス、サッカリナロンギクルリスエキス、グリセリン、デキストラン、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール


なお商品のさらに詳しい情報は公式サイトから確認できます。公式サイトからの注文なら送料無料で購入が可能です。

kochira メソセラポス スカルプリキッドの公式HPはこちら

※送料無料でこちら(↑)の公式サイトからお得に注文できます

成長因子のデメリットは失活しやすいこと


これまでの成長因子を配合した育毛剤やヘアリキッドなどのヘアケア商品はいくつか存在しました。しかし成長因子の溶液は時間と共に失活(活性を失う)することが2018年に発表された研究によってわかったのです。


例えば代表的な成長因子の1つである『EGF』の場合、4週間で成分の約20%が失活し、20週間後には成分の約70%失活してしまうんですね。これででは製造から時間が経つごとにその働きが失われることになります。


一方でAGAクリニックの場合はフリーズドライした成長因子を注入する直前に解凍して溶液化するため、失活がほとんど問題になりませんでしたが、ホームケアに落とし込む場合はその点がネックとなっていたわけです。


そして『メソセラポス スカルプリキッド』では失活への対策として、成長因子と同等の目的に開発された『疑似成長因子(シミラーグロースファクタター)』に着目しました。

メソセラポス スカルプリキッドに配合されているのは失活しづらい疑似成長因子


『メソセラポス スカルプリキッド』に使われている『疑似成長因子』とは、元の成長因子に似たアミノ酸配列としたものであったり、元の成長因因子を誘導する働きをする物質のことです。


具体的には既存の成長因子(本来配合したかったもの)と失活対策として配合された『疑似成長因子』の対応表が以下の通りになります。

■成長因子→疑似成長因子の対応表
  • bFGF→リジュリン
  • VEGF→W3ペプチド
  • IGF-1→IDP2
  • KGF→ケラミン1
  • Thymosinβ4→プロヘアリンβ4
  • PDGF→リボキシル
※『メソセラポス スカルプリキッド』に配合されているのは右側の疑似成長因子です


つまり疑似成長因子を配合することで、既存の成長因子で懸念されていた失活問題が解消されて、育毛メソセラピーに近い治療を自宅でも受けられるようになったのです。

メメソセラポス・スカルプリキッドは副作用がほとんど無いので安心して使える


では気になる『メソセラポス スカルプリキッド』の副作用についてですが、こちらの製品は医薬品や医薬部外品のどちらにも該当しない成分です。


そのため薬剤による副作用はありません。ですので過去にリアップやリアップX5に配合されていたミノキシジルで頭皮に炎症・かぶれ・ただれなどが起こった方も利用できます。


もちろん配合されている成分が、肌に合わない可能性はゼロではありません。ですので敏感肌や乾燥肌がひどくてリキッドを付けた時の肌トラブルが心配だという方は、いきなり頭皮につけるのではなく腕につけて問題ないか確認するようにしてください。

メソセラポス・スカルプリキッドの正しい使い方


1.1日2回できるだけ頭皮が清潔な状態で使用する

メソセラポス・スカルプリキッドを使うのは基本的に朝・晩の1日2回です。


できるだけ頭皮が性kつな状態で使用した方が効果を期待できるので、夜のシャンプー洗髪後と朝の起床時に使用しましょう。


なお洗髪後に使用する際にはタオルとドライヤーでしっかりと乾かして後にしてください。

2.1回あたりの使用量は5-7プッシュ

1回あたりの使用量は5-7プッシュです。


私も実際に使ってみましたが、ボトルがスプレータイプになっているのでとても使いやすく面倒くささもありませんでした。


これなら毎日2回使うことも苦にならないですね。また育毛剤特有の変な匂いも、リキッドもサラサラしてるので不快感がなく使用できました。

3.全体になじませるために頭皮マッサージ

最後にリキッドをなじませるために、頭皮全体を入念にマッサージしましょう。


この時の注意事項としては指の爪を立てずに、指の腹でマッサージすることです。爪を立てて頭皮を傷つけるのは、抜け毛の原因になるのでくれぐれも注意しましょう。

まとめ


今回紹介した『メソセラポス・スカルプリキッド』は自宅で育毛メソセラピーに近いホームケアができるアイテムです。

このアイテムの特徴は、これまでの育毛剤のように失活しやすい成長因子を使うことのではなく、それと似た構造あるいは成長因子自体を誘導する『疑似成長因子』を配合していることです。これにより時間が経っても失活することなく、効果が変わらないヘアケアを実現できました。


また副作用の心配もほとんど無いため、ミノキシジルは肌質の影響で使えなかったという方も安心して使用することも大きなメリットの1つです。


デメリットとしては1本あたりの値段が11,000円するため、『リアップX5(約7,000円)』など一般的な発毛剤と比べて高額な点です。


しかしAGAクリニックでの育毛メソセラピーの相場が6万円-8万円であることを考えると、それに近い内容のホームケア製品と考えればリーズナブルと言えます。


なお『メソセラポス・スカルプリキッド』は次の公式サイトから注文すれば、送料無料でお得に購入することができます。


※実際の利用者の口コミ・感想もこちら(↑)の公式サイトでチェックすることができます

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。