1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. 遺伝
  4. ≫薄毛が遺伝するのは母方の家系からだけではない!

薄毛が遺伝するのは母方の家系からだけではない!

薄毛の遺伝
「父親は薄毛だけれど、母方の家系は祖父・親戚共に髪がフサフサだから、自分は絶対に禿げない」そう信じている人は少なくありません。


そのように、なぜか薄毛・禿げは母方の家系からしか遺伝しないと信じている人は多いんですね。しかも、最近となり特にことのが強く言われるようになっており、そのような話を聞いたことがある方も多いかと思います。


では、どうして薄毛が母から遺伝しないなんてことが言われているのでしょうか?


それは母親から子供へ受け継がれるX染色体の中に、男性ホルモンの受容体(アンドロゲン受容体)遺伝子が含まれているからです。

薄毛のなりやすさを決める男性ホルモンの受容体

遺伝子
AGA・薄毛の原因の1つとして、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が挙げれますが、実はそれが体内で生成されるだけでは抜け毛は発生しません。


それを体内の男性ホルモン受容体(レセプター)が受け取って、初めて抜け毛が発生するんですね。つまり、その受容体の感受性が高ければ高いほど、DHTの影響を受けやすくなり、抜け毛を誘発しやすくなります。


そして、この男性ホルモン受容体の感受性の高さが、母親からの遺伝によって決まるわけです。

医者のお話
そのため、母方の遺伝でのみ薄毛は決定されると考える人がいるのでしょう。また、AGAクリニックで行われる薄毛のなりやすさを調べる遺伝子検査においても、調査するのは男性ホルモン受容体の項目であることも、そのように考える人が府ている大きな理由です。


しかし、親から子へ遺伝する薄毛のなりやすさを決定づける要因は、何も男性ホルモン受容体だけではありません。次の記事で紹介したように、「男性ホルモン・テストステロンの量」、「還元型酵素5αリダクターゼ※の量」等も遺伝での薄毛に影響すると言われてます。
遺伝が原因でも薄毛・禿げにならない人がいる理由

※ 男性ホルモン・テストステロンに働きかけ、脱毛ホルモン・DHTを生成します。


ですから、母方の家系が禿げていなくて油断はせずに、父方の家系が薄毛であるなら、抜け毛予防に関するケアをしておいた方が良いでしょう。


今ではフィナステリドやミノキシジルのような薄毛改善薬は開発されていますので、遺伝が原因の薄毛にも対抗することは十分に可能ですからね。


なお、自分の毛髪に薄毛・AGA傾向が出ているかどうかを知りたい方は、AGAクリニックで専門医師にチェックしてもらうのが一番確実です。

医者のカウンセリング
ちなみに、次の記事で紹介しているAGAルネッサンスクリニックであれば、無料カウンセリングで専門医がマイクロスコープを活用して、頭皮をしっかりとチェックしてくれるので、毛髪の状態をチェックしてもらいたい方にはおすすめのクリニックになります。
AGAルネッサンスクリニックの口コミと評価【薄毛治療の総合病院】


AGAルネッサンスクリニックはヘアサロンではなく病院ですので、カウンセリングを受けたとしても、その後に高額なカツラを売りつけられることはありません。


もちろんカウンセリング後に希望をすれば、プロペシアなどの薬で治療を受けることができますが、特に希望しなければ無料カウンセリングと毛髪チェックを受けて、そのまま帰宅することも可能です。


薄毛治療はできるだけ早く取り組んだ方が、効果が出るまでの早いですので、もし家族に薄毛の人がいて、自分が将来禿げるかどうか心配という方は、できるだけ早くクリニックで頭皮と毛髪の状況をチェックしてもらうようにしてください。

■本記事のまとめ

AGAの原因の1つである男性ホルモン受容体の感受性の高さは母から子へ遺伝します。しかし、親から子へ遺伝する遺伝する薄毛のなりやすさを決める要因はそれだけではありません。父から遺伝する要因も存在します。
そのため、たとえ母方の祖父が禿げていなくても、あなたが薄毛になる可能性はあるので注意しましょう。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

  • AGAクリニックランキング
    薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。