1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. 間違ったヘアケア
  4. ≫ドライヤーの間違った使い方は薄毛・抜け毛の原因になる

ドライヤーの間違った使い方は薄毛・抜け毛の原因になる

ドライヤーの使用方法
少し前まではドライヤーと言えば、女性しか使わないものというイメージはありましたが、今では男性の中にも利用者が増えてきています。


たとえ男性と言えどもで、ベリーショート以外のヘアスタイルをしているのであれば、タオルドライだけでは乾燥させるのにも時間がかかるため、ドライヤーを使うのは時間を有効に使うという面から判断すれば、とても合理的な考えです。


それに、頭皮を長時間濡れたまま放置しておくことは、雑菌が繁殖する原因にもなり、フケやかゆみも発生も引き起こしかねません。そのため、衛生面から言ってもドライヤーは使うべきでしょう。また、頭皮環境を清潔にしておくことは、薄毛対策の面から見ても大切なことです。


ただし、髪が濡れている状態でドライヤーを利用する際には、使い方を注意しなくてはいけません。

注意
その理由についてですが、私たちの髪は乾いた状態では表面がキューティクルで保護されています。しかし、髪が濡れてしまうとキューティクルがめくれて、傷みやすい状態になってしまうんですね。


そのような状態で熱風を大量に吹き付けしまうと、当然ですが髪を傷つけることになります。そして、髪が傷つくとキレ毛・抜け毛の原因となるため、薄毛予防の面から考えると良くありません。


さらに、ドライヤー高温の風を長時間に渡りあてて続けることは、頭皮を傷つける原因にもなります。そのため、ドライヤーは使い方を間違えれば、薄毛の原因になってしまうわけです。


しかし、冒頭でもお伝えしたように、正しく使えばドライヤーは薄毛対策の味方にもなってくれるアイテムです。


そこで、以下では正しいドライヤーの活用方法について解説します。ご自身のドライヤーの使い方が間違っていないか確認したい方や、頭皮や髪を傷つけにくい使用方法を知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

頭皮や髪を傷つけないためのドライヤー方法

ドライヤー

1.しっかりとタオルで乾かす

シャンプー後にいきなりドライヤーを、温風でブローするのはNG行為です。まずは、吸水性の強いタオルを活用して、しっかりと髪と頭皮についた水分を拭き取りましょう。


ドライヤーを使う時間は短ければ、短いほど良いので、この時点で出来る限りの水分をとっておくことを心がけてください。


なお、タオルで拭くときに頭をゴシゴシ吹くのではなく、優しくポンポンと叩くようにして、水分を吸い取るようにしましょう。

2.ドライヤーは15cm以上離して使用する

続いてドライヤーで乾かしていくわけですが、送風口が髪や頭皮から15~20cmは離します。


ドライヤーの送風口から出た熱風の温度は110℃くらいになっており、これが毛髪に直接触れると髪が熱で湾曲してしまいますし、頭皮に触れると火傷の原因になるため、絶対に近づけすぎないようにしてください。

3.頭皮や髪の根本から乾かす

ドライヤーの風をあてる順番は頭皮や髪の根元から、徐々に先端に向かって乾かしていきます。そのような順番にする理由は、根元の方が先端よりも乾きにくいからです。


また、濡れた状態の髪はキューティクルがめくれて、切れ毛をおこしやすくなっていますので、乾かすときには優しく手で持ち上げながら風を送っていきましょう。


ドライヤー中にクシやブラシを使うと、髪を傷つける可能性が高くなるので、くれぐれも注意するようにしてくださいね。

高額なドライヤーを買う必要はありません!

最近では温風と冷風が自動で切り替わることで、髪や頭皮を傷つけにくいドライヤーも販売されています。たとえば、パナソニックのナノケアシリーズの温冷リズムモードがある製品はその代表です(下記画像はナノケアEH-NA97)。

ナノケアEH-NA97
しかし、そのような温冷風自動切り替え機能付きのドライヤーは高額な場合が多いです。例えば、パナソニックのEH-NA97などは市場価格で約2万円もします。


ドライヤーで2万円は正直高額ですよね。ですが、本文中で紹介したように、そのような高額な商品を購入しなくても、髪や頭皮を一定の距離を置き、短時間で乾かせば、頭皮や髪を無駄に傷つけることはありません。


それに、それだけの金額があれば、銀クリAGAでノー二ドルメソセラピーのような薄毛治療を受けるこもできますからね(銀クリAGAのメソセラピー費用は19,440円。詳しくは下記の記事を参照)
銀クリAGAの口コミと評価


薄毛改善を考えるのであれば、ドライヤーにお金を使うようりも、そのようなAGAクリニックの費用に使用した方が改善効果も期待できるでしょう。


大切なのはどんな製品を使うかではなく、その使い方です。正しい利用方法を理解していれば、2~3千円でのドライヤーでもあっても全く問題は無いですからね。


■本記事のまとめ

ドライヤーは正しく使えば髪や頭皮のために有効なヘアケアアイテムですが、間違った使い方をすれば薄毛の原因にもなります。
使用する際には頭皮から15cm以上離して、熱風が直接かからないように気をつけてください。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

  • AGAクリニックランキング
    薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。