1. ホーム
  2. シャンプー
  3. レビュー
  4. ≫脂漏性皮膚炎の対策に開発されたKADASONシャンプーの評価@成分解析して効果をチェック

脂漏性皮膚炎の対策に開発されたKADASONシャンプーの評価@成分解析して効果をチェック

KADASONのレビュー
薄毛と言うと男性型脱毛症(AGA)だと考える方がほとんどだと思います。たしかに、薄毛(脱毛症)の中で最も多くの人が悩んでいるのが男性型脱毛症であることに間違いはありません。


しかし、男性型脱毛症の他にも以下に記すような様々な脱毛症が存在します。

■脱毛症の種類

  • 脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)
  • 粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
  • 円形脱毛症
  • 精神的脱毛症
  • 牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)
  • トリコチロマニー
それらの脱毛症の中でも最近悩む人が増えているのが、『脂漏性脱毛症』です。

脂漏性脱毛症を引き起こす原因

鏡を見る男性
脂漏性脱毛症とは、頭皮の皮脂が過剰に分泌したことが原因で起こる脱毛症のことです。適量の皮脂は頭皮を外部刺激から保護するために必要ですが、それが大量となり長時間放置されるとホコリ・汗・整髪料などの付着物と混ざり合って酸化して固くなります。


この酸化した皮脂のことを酸化皮脂と呼びます。酸化皮脂や頭皮から分泌される皮脂の量が増えると、それを好むマセラチア真菌が増殖するんですね。


マセラチア真菌は頭皮に炎症を引き起こす原因となるのですが、この炎症のことを『脂漏性皮膚炎』や『脂漏性湿疹』と呼びます。


そして、脂漏性皮膚炎がひどくなったせいで起こる脱毛症が『脂漏性脱毛症』です。


つまり、脂漏性脱毛症による抜け毛・薄毛を回避するために、脂漏性皮膚炎になる前に予防・対策することが重要となります。


今回紹介するのは、その脂漏性皮膚炎の予防や症状改善を目的に開発されたシャンプー『KADASON(カダソン)』です。

脂漏性皮膚炎に向けに開発されたシャンプーKADASONとは?基本情報と全成分

シャンプーの成分
KADASONはYs株式会社から発売されている脂漏性皮膚炎の症状改善を目的に作られたシャンプーです。


何でもこちらの会社の責任者である山本孝之さんは、自分自身が脂漏性皮膚炎に悩んでいた背景があり、同じ悩みを抱える人たちを悩みから解放したいという目的でこのシャンプーを開発したそうです。


そして、ご自身もKADASONを使用しており、これまでに悩んでいたフケやかゆみ悩みから解放され、健康的な頭皮を取り戻されています。


なお、KADASONの基本情報は以下の通りです。

■商品基本情報
  • 販売:Ys株式会社
  • 商品種:アミノ酸シャンプー
  • 値段:3,218円(税込み)
  • 送料:560円
  • 特記事項:2本セットで購入すると送料無料

■全成分

水、ココイルグリシンK、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、PPG-2コカミド、プロパンジオール、ラウロイルメチルアラニンNa、エタノール、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸、サリチル酸、グリチルリチン酸2K、BG、ダイズ芽エキス、チャ葉エキス、シロキクラゲエキス、レイシエキス


KADASONが脂漏性皮膚炎に良いとされている理由を成分面から解析

成分解析
では、このKADASONがドラッグストアで発売されている一般的なシャンプーと何が違うのか?についてですが、大きく異なるのは『抗菌』『抗炎症』『保湿』を目的とした成分が配合されている点です。


具体的にはそれぞれの成分は以下となります。

■KADASONの特徴的な成分
  • 抗菌成分:サリチル酸
  • 抗炎症成分:グリチルリチン酸2K
  • 保湿成分:シロキクラゲエキス

上述したように脂漏性皮膚炎の原因の1つが頭皮に繁殖するマセラチア真菌です。そのため、マセラチア真菌を殺菌する『サリチル酸』が配合されているのが、このシャンプーの大きな特徴です。


また、かゆみを抑えるための抗炎症成分の『グリチルリチン酸』、頭皮に潤いを与えるために水溶性の保湿成分『シロクラゲエキス』などの成分も配合されています。


他にも髪を健やかに保つための育毛成分として、『レイシエキス』『ダイズ芽エキス』などが配合されており、脂漏性皮膚炎の対策のための頭皮ケアだけでなく、育毛についても考えて開発されたシャンプーです。

KADASONの全成分をチェックしてみた感想・評価

KADASONの総合評価
当サイト・フサメンでKADASONを購入するにあたり、実際にKADASONを購入して全成分をチェックさせていただきました。


そこでわかったことは頭皮に強い刺激となるような、原価が安くて洗浄力の高い石油合成洗剤は使われていないことです。例えば、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naなどの洗浄力の高い成分は除外されていました。


実はそれらの成分は原価が安いのでドラッグストアで販売されている多くのシャンプーに配合されていますが、、洗浄力が非常に高く、頭皮の保護に必要な皮脂まで洗い落す危険性があるので、頭皮を健康に保ちたい方が使用することはおすすめできません。


なお、KADASONの最も多く含まれている洗浄剤は『ココイルグリシンK』で、これはヤシ油由来のアミノ酸系界面活性剤で、頭皮への刺激はたいへん穏やかで、皮脂を落とし過ぎないため保湿効果を期待できます。


ただし、原価が高いため洗浄剤ですので、市販のシャンプーの比べるとどうしても商品の値段は高くなってしまいます。KADASONも1本あたりの値段は3,218円(税込み)です。


とは言え、頭皮の健康を気にする方にとっては刺激で穏やかなで使いやすいシャンプーであることは間違いありませんので、市販のシャンプーを使うとかゆみやフケがひどいという方には試す価値がある製品です。


また、すでに脂漏性皮膚炎で皮膚科で治療を受けており、ニラゾール(一般名称:ケトコゾナール)を処方されている場合には、KASDASONと混ぜて使用することがメーカー側から推奨されていますので、そちらも試してみてください。

KADASONをお得に購入方法

KADASONの公式サイト
KADASONは次のメーカー公式サイトから注文すること可能です。


公式サイトでは1本単品でも購入することができますが、2本セットで購入すると送料無料、3本セットで買うと送料無料な上に1本無料でプレゼントしてくれるので、まとめ買いがすごくお得になっています。
※ 脂漏性皮膚炎の方や、頭皮のかゆみで悩んでいる方、市販のシャンプーを使うと頭皮の状態が悪化するという方には嬉しい優しい洗浄剤を中心としたアミノ酸系シャンプーです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。