1. ホーム
  2. シャンプー
  3. 基本情報
  4. ≫ラウリル硫酸Na入りのシャンプーを使ってはいけない理由@AGAクリニックスタッフの証言

ラウリル硫酸Na入りのシャンプーを使ってはいけない理由@AGAクリニックスタッフの証言

ラウリル硫酸ナトリウム
当サイト・フサメンでは、読者さまに正しいかつ最新情報の届けるため、頻繁にAGAクリニックを取材させていただいています。


その取材の空き時間に、病院のスタッフさんと「毎日にケアで使えるシャンプー」についてお話をする機会は多いです。


シャンプーは薄毛の状態に関わらず毎日使うものですから、クリニックに勤務するスタッフさんの多くが商品選びには気を使われています。


また、患者さんからシャンプーについての質問が多いため、ご自身で商品について勉強されている方も少なくありません。


先日も某AGAクリニックのスタッフの方とお話ししていたのですが、その時に話題に上ったのが「絶対に使わないシャンプーはどんな製品ですか?」という内容です。


その際、クリニックスタッフさんは「成分表示を確認して、ラウレス硫酸Na(ナトリウム)かラウリル硫酸Na(ナトリウム)が入っていたら絶対に使いませんね」とおっしゃっていました。


ちなみにラウレス硫酸Naは花王の『メリット』やロート製薬の『デ・オウ』に、ラウリル硫酸NaはP&Gの『h&Sシャンプー』などに含まれている成分であり、他にもドラッグストアや薬局で購入できる多くの市販シャンプーにこれらの成分は含まれています※。

※ 成分情報は本記事執筆時点のものであり、変更になる可能性があります。詳しくはメーカーの公式サイトや商品記載の成分情報をご確認ください。


では、どうしてそれだけ多くの商品に使われている成分を、AGAクリニックのスタッフさんは使用することを嫌がったのでしょう?

ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naは洗浄力が高すぎる

泡を持つ手
先ほどお伝えした『ラウレス硫酸Na』と『ラウリル硫酸Na』の2つの洗浄成分は、シャンプーに使われる洗浄剤の中で最高クラスに洗浄力が高いものです。


洗浄力が高いということは、髪や頭皮に付着したホコリ・ゴミ・汚れ・皮脂などがよく落ちる反面、頭皮への刺激が強すぎるというデメリットがあります。


頭皮は髪を育てる土壌の役割を果たすため、刺激が強いシャンプーを使ったせいで、その環境が悪化すれば育毛・発毛の面から考えても良くはありません。


それに頭皮の皮脂というもは落としすぎても良いものでは無いです。紫外線のような外部刺激から守るためには、適量の皮脂は必要となります。


以上の理由から、薄毛予防は頭皮環境の正常化の側面から考えると、シャンプー選びでは刺激が穏やかなアミノ酸系の洗浄剤を使用したものを選択することが、育毛業界で主流の考えとなっています。


例えば、AGAスキンクリニック・新宿アイランドタワー院の西垣院長にお話を伺ったときにも、『ラウレス硫酸Na』『ラウリル硫酸Na』『ラウレス硫酸アンモンニウム』『ラウリル硫酸アンモンニウム』などの石油合成系の界面活性剤が含まれるシャンプーは使わない方が良いとハッキリおっしゃっていました。
【参考】現役医師が教えるAGAクリニックの選び方と正しい薄毛治療【医師監修】

ラウリル硫酸Naをおすすめできない理由

バツサインを出す医師
なお、『ラウレス硫酸Na』と『ラウリル硫酸Na』の2つの成分の内で、特におすすめできないのが『ラウリル硫酸Na』です。


ラウリル硫酸Naはラウリル硫酸Naと比較して、分子量が小さいため皮膚下(角質層)に浸透しやすいです。そのため、より頭皮環境に影響を与えやすいと考えられています。


本来は洗い流すべき成分であるはずの、洗浄剤が肌に残って皮下に浸透することは、頭皮環境のことを考えるとよろしくはありませんので、髪や頭皮に良いシャンプーを選ぶのであれば、『ラウリル硫酸Na』入りの製品はくれぐれも避けるようにしてください。

ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naが多くのシャンプーで使われている理由

シャワー
それでは、どうしてそのような成分が市販品のシャンプーでは多く使用されているのでしょう?


理由はとても簡単で、石油合成系のシャンプーは原価がとても安いからです。それにも関わらず、洗浄力がとても高い。


そのため、メーカーにとってはたいへん使い勝手の良い成分なんですね。


一方、頭皮への刺激が穏やかなアミノ酸系の洗浄剤は、原価が高いためコスト優先で開発される市販品で使われることは稀(まれ)です。


例えば、ココイルグルタミン酸TEAやココイルグリシンKのようなアミノ酸系洗浄剤は、ヤシ油由来で作られるため頭皮への刺激は穏やかなのですが、原価が非常に高くなってしまいます。

頭皮環境のことを考えるならアミノ酸系シャンプーがおすすめ

女医
たしかにアミノ酸系シャンプーは、値段面でのデメリットはありますが、安いシャンプーを使って頭皮環境が悪化したせいで抜け毛が進行しては意味がありません。


実際、頭皮環境の悪化が原因で起こる脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)のような薄毛も存在しますからね。


そのため、髪や頭皮のことをきちんと考えるなら、頭皮への刺激が穏やかなアミノ酸系シャンプーを使用することを当サイトでは推奨します。


なお、自分の頭皮環境の状態が気になる方は、一度クリニックで頭皮チェックをしてもらうのが良いでしょう。


例えば、AGAスキンクリニックならマイクロスコープを使って頭皮の状態や薄毛(AGA)の進行度合をチェックしてくれます。


次の公式サイトから申し込めば、マイクロスコープを使ったカウンセリングを無料で受けられますので、髪と頭皮の状態が気になっている方はお気軽に相談してみてください。

kochira AGAスキンクリニックの公式HPはこちら

※ こちら(↑)の公式でAGAスキンクリニックでの治療の流れや、治療にかかるお金も確認できます。


■本記事のまとめ

頭皮環境を正常に保つためには、刺激の強い洗浄剤が配合されたシャンプーの使用を続けることはおすすめできません。
成分をチェックしてみて、『ラウレス硫酸Na』『ラウリル硫酸Na』などの表示があれば、それらは洗浄力が高く刺激の強い成分ですから注意するようにしましょう。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。