1. ホーム
  2. Q&A
  3. 自毛植毛
  4. ≫自毛植毛かプロペシアの投薬治療はどちらがおすすめ?

自毛植毛かプロペシアの投薬治療はどちらがおすすめ?

若ハゲ
AGA(男性型脱毛症)の治療の研究・開発は、ここ10年の間でものすごい勢い進歩しています。それが証拠に、AGAクリニックではさまざまな治療方法を受けられるようになってきましたからね。


中でも特に注目を集めているのが、プロペシアのような内服薬を利用した『投薬治療』と、外科手術で薄毛を改善する『自毛植毛』です。


全国4カ所に治療院を構える湘南美容外科クリニックの治療方法人気ランキングをチェックしても、そられが人気1位と2位をキープしています(下記画像を参照)。

自毛植毛プロペシア

では、それら2つの治療方法で悩んだ場合には、どちらで治療を受けた方良いのでしょうか?

基本的な考え方として、まずは投薬治療です

プロペシアの画像
上記の問いについての回答ですが、基本的にはまずは投薬治療を行うべきです。もちろん、投薬治療を優先するべきと伝えるのには理由があります。


その根拠となっているのが、日本皮膚科学会が発表している男性型脱毛診療ガイドラインです。その文献内では、第一選択薬としてフィナステリド(プロペシアの有効成分)とミノキシジル(リアップX5やリアップジェットの有効成分)の使用が推奨されています。


男性型脱毛診療ガイドラインは、日本国内の実情に即した診療ガイドラインですので、日本人の方が薄毛治療方法に悩んだときには、まず参考にしたい文献です。。


ちなみに、自毛植毛手術での治療は、フィナステリドやミノキシジルで効果が無かった場合の対策として、ガイドライン内では紹介されています。


ただし、ガイドラインの内容は、あくまで標準的な治療方法についての解説です。頭皮の状態や薄毛の進行状況は各個人によって違いますから、一概にそれが正しいとは言い切れません。


肝臓が弱いためにプロペシアを飲みたくても飲めない人もいますし、敏感肌やアトピーの方は頭皮への塗り薬を使いたくても使えない人だっています。


そのようなケースでは、治療スタート時から自毛植毛や、育毛メソセラピーの手法を検討することも大切です。そのため、治療方法を決め打ちするのではなく、まずは医師に頭皮をチェックしてもらって、治療方法についてしっかりと相談するべきです。

カウンセリング
なお、湘南美容外科クリニックでしたら、カウンセラーではなく専門医師が無料でカウンセリングをしてくれますので、治療方法で悩んでいる方が相談しやすいクリニックできます。
湘南美容外科クリニックの口コミと評価【薄毛治療の総合病院】


一人で悩んでいても、なかなか良い案はできてきませんし、AGAは日々進行していきます。症状が手遅れになって後悔しないためにも、まずは行動を起こすようにしましょう。上記のクリニックでしたら、相談しても治療を強制されることはありませんからね。


■本記事のまとめ

プロペシアと自毛植毛のどちらかで悩んだら、基本的にはプロペシアを使用するべきです。男性型脱毛症診療ガイドラインでもそのように推奨されています。ただし、薄毛の進行状況は人それぞれですので、まずは医師のカウンセリングを受けるべきです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。