1. ホーム
  2. Q&A
  3. HARG・メソセラピー
  4. ≫育毛メソセラピー治療は怖くて危ない?【注射の痛みや副作用】

育毛メソセラピー治療は怖くて危ない?【注射の痛みや副作用】

注射器
薄毛治療の専門の病院で、投薬治療を受けても効果が無かったら、次の対策として『育毛メソセラピー』を考えている方も多いかと思います。


ただ、育毛メソセラピーの場合には、薬での治療と比べると【怖い・危険・不安】などのマイナスのイメージを持たれている方も多いです。


そして、その原因となっているのが、『注射を使って、薬剤を頭皮に注入する』という点にあります。ミノキシジル(商品名リアップやロゲイン)のような外用薬は頭に塗る、フィナステリド(商品名プロペシア)は内服して使用するのが一般的です。


それに対して、育毛メソセラピーでは針を頭に刺すわけですから、怖いと感じる方が多くいるのも当然と言えます。


では、実際のところ育毛メソセラピーは痛み伴う治療なのでしょうか?また、副作用は大丈夫なのでしょうか?それらの気になる点について、以下では詳しく解説します。

痛み対策に取り組んでいるクリニックが増えている

病院の窓口
注射器を使って薬剤を注入する場合、当然ですが針を頭に指すことになるので、物理的な痛みは伴います。ただし、最近ではその痛み対策に取り組んでいるクリニックが増えてきているんですね。


例えば、AGAルネッサンスクリニックでは、針では無くレーザー(CO2フラクショナルレーザー)を用いて注入を行うため、痛みはほとんどありません。


また、銀座総合美容クリニック(銀クリ)では、『電気穿孔法』という手法で、薬剤を導入するため、こちらも注入には注射器を使用していません。


以上のように、病院さえ選べば痛みが少ない治療を受けることが可能です。

頭皮に直接アプローチできるため副作用の可能性は低い

頭皮
続いて副作用についてですが、育毛メソセラピーの場合は頭皮へ薬剤を注入する手法です。薬を内服する際には、成分を消化・吸収のために内臓に負担がかかりますが、メソセラピーではその負担が軽減されることになります。


そのため、副作用や薬を内服する場合よりも、低くなると考えられているんですね。もちろん、ミノキシジルやフィナステリドのような薬剤を使う以上、副作用の可能性はゼロではありませんので、信頼できる医師の元に治療を進めることが大切となります。


なお、効果と副作用については次の記事でも詳しく解説していますので、そちらもご参考にしてください。
育毛メソセラピーの効果と副作用@最新の治療方法の実力は?


■本記事のまとめ

注射器を使用する育毛メソセラピーは痛みは伴うが、最近は針を使わないノー二ドルタイプの治療を受けられるクリニックが増えています。例えば、AGAルネッサンスクリニックや銀クリが、それに該当するクリニックです。痛みが不安な方は、そのような病院で治療を受けるようにしましょう。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

  • AGAクリニックランキング
    薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。