1. ホーム
  2. Q&A
  3. デュタステリド
  4. ≫ザガーロとプロペシアを併用すればAGAに高い効果がある?

ザガーロとプロペシアを併用すればAGAに高い効果がある?

ザガーロ
男性型脱毛症の内服薬としては、約10年ぶりに厚生省から認可を受けた「ザガーロカプセル(製造販売:グラクソ・スミスクライン社)」。これまで使用していた薬ではAGAが改善しなかったという方にとっては、ザガーロに期待している方も多いことでしょう。


ちなみに、ザガーロの約10年前に男性型脱毛症の治療薬として、国内で初の認可を受けがた薬がMSD社が販売している「プロペシア」です。


内科や皮膚科の中にも、プロペシアの処方を始めるクリニックが増えてきているため、名前は聞いたことがあるという方がほとんどかと思います。実際、プロペシアはAGA治療薬としての世界的なシェアは1位であり、国内のクリニックにおいても多くの患者さんから支持を集めている薬です。


なお、ザガーロとプロペシアの有効成分は、それぞれデュタステリドとフィナステリドという薬剤であり、全く別物のお薬になります。2つがジェネリックの先行医薬品という関係ではありません。


では、異なる薄毛治療薬であるザガーロとプロペシアの2つのお薬ですが、併用をすればより高い薄毛治療の効果を期待できるのでしょうか?その点について、本記事では詳しくは解説します。

ザガーロとプロペシアは似た作用をする薬なので併用するのはおすすめしない

バツサインを出す医師
ザガーロとプロペシアとを併用するべきかについてですが、2つの薬は似た作用をする薬のため、併用することはおすすめしません。似た効果がある薬のため、どちらかが片方だけを使っておけば大丈夫です。


なお、いずれの薬もその働きは毛乳頭細胞内にある「還元型酵素」という物質の働きを阻害することです。この還元型酵素は血中の男性ホルモン・テストステロンを、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化(還元)させます。


つまり、2つの薬はどちらも還元型酵素の働きを抑制して、抜け毛の原因の生成を抑えることを目的としたお薬なわけです。


例えば、風邪を引いて喉の痛みがひどくなったときに、喉の痛みに効く風邪薬を2種類飲んだりなんかしませんよね?それと同じことで、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑えるのであれば、ザガーロかプロペシアを併用せずに、どちらかに絞って飲めばOKです。

併用するならミノキシジルと一緒に使った方が良い

リアップ
それから、プロペシアやザガーロだけでは効果が不安で、何か別のお薬の併用を考えているのであれば、ミノキシジルの使用をおすすめします。


ミノキシジルはリアップX5プラスやリアップジェットに含まれている成分であり、発毛促進の効果を期待できるお薬です。


プロペシアやザガーロは抜け毛を抑えるための薬でしたが、ミノキシジルは髪を生やすための薬ですので、それらを併用することで抜け毛予防しながら、発毛促進にアプローチするという理想的な治療が可能となります。


なお、プロペシアやザガーロとミノキシジルの併用については、次の記事で詳しく解説していますので、そちらの内容もご参考にしてみてください。

【参考】プロペシアとリアップを併用した方が効果を期待できる理由

ザガーロかプロペシアのどちらを使うべきか悩んだらAGAリスク遺伝子検査

検査
併用するならザガーロとミノキシジル、もしくはプロペシアとミノキシジルが良いと前述しましたが、「じゃあ、ザガートとプロペシアの結局どちらを使えば良いの?」と悩まれる方も多いと思います。


この点についてですが、少しでも値段を抑えたいコスト重視の方にはプロペシアを利用をおすすめします。


プロペシアであれば、初月4千円台から処方をしてくれるAGAスキンクリニックようなクリニックもありますし、サワイやファイザーなどのジェネリックも豊富ですので、治療コストを抑えやすいです。

【参考】AGAスキンクリニックの口コミと評価【発毛実感率が99.4%】


一方、少しくらいコストがかかっても良いから、自分に薄毛にマッチしたお薬を使用したい場合には、ヘアメディカルで受けられるAGA遺伝子リスク検査を受けることをおすすめします。


こちらの検査はプロペシアとザガーロのどちらの有効成分が、自分の薄毛治療に効果がある可能性が高いかを調べることができる検査です。


検査費用は19,000円必要ですが、自分の症状にマッチした治療を受けたいという方には利用価値は高いです。


なお、AGAリスク遺伝子検査を実際に受けた様子と、その検査結果を次の記事で紹介していますので、この検査についてもっと詳しく知りたい方はそちらの内容をご覧になってみてください。

【参考】AGAリスク遺伝子検査をヘアメディアカルで受けてみた@検査結果を紹介

※ 現在AGAリスク遺伝子検査を受けるられるのは、ヘアメディカル系列のクリニックだけです

■本記事のまとめ

ザガーロとプロペシアはどちらも毛乳頭細胞内にある還元型酵素を抑える薬ですので、それらを併用する必要ありません。
併用するのであれば、発毛促進を促すミノキシジルを活用するようにしましょう。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

  • AGAクリニックランキング
    薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。