1. ホーム
  2. Q&A
  3. デュタステリド
  4. ≫薄毛治療薬ザガーロは保険適用で処方をしてもらえる?

薄毛治療薬ザガーロは保険適用で処方をしてもらえる?

ザガーロの保険適用
グラクソ・スミスクライン社が製造販売している薄毛治療薬の『ザガーロ・カプセル』。有効成分に酵素阻害薬のデュタステリドを含有している注目のAGA治療薬です。


このザガーロは日本国内では2015年9月に厚生省の承認を受け、2016年6月からクリニックでの処方がスタートしています。


ザガーロが発売されるまでは、厚生省の認可を受けている薄毛治療薬はMSD社が販売している『プロペシア(有効成分フィナステリド)』しかありませんでしたので※、プロペシアを飲んでもAGAを抑えられなかった人の中には、試してみたい方も多いはずです。

※ プロペシアのジェネリック医薬品はすでに販売されている

ザガーロ以外の認可を受けているAGA治療の内服薬はプロペシアしか無いとお伝えしましたが、プロペシアのジェネリック医薬品はすでに国内で販売がされています。
例えば、ファイザー、サワイ、クラシエなどのがそれに該当します。各ジェネリックに含まれる成分については、次の記事で詳しく解説していますので、そちらをご参照ください。
【参考】プロペシアのジェネリックはどれがおすすめ?サワイ・ファイザー・クラシエの3商品を比較

ただ、ザガーロは市場相場が1ヶ月分で1万円前後するお薬ですので、決して安くはありません。それがネックとなって、治療を躊躇(ちゅうちょ)している方も多いでしょう。


では、自由診療ではなく保険適用で薬を処方してもらうことはできるのでしょうか?

頭髪治療は保険適用外です

保険適用外
残念ながら薄毛(AGA)・発毛治療のような頭髪治療に保険は適用されません。治療費が全額自己負担となる自由診療です。


「でも、それはAGAクリニックで治療を受けた場合の話でしょ?内科や皮膚科でも、クリニックによってはザガーロを処方してもらえると思うんだけど、その場合はどうなの?」


内科や皮膚科でザガーロを処方してもらった場合も同じことです。頭髪治療である以上は、お伝えした通り保険は適用外です。


これはザガーロに限ったお話ではなく、プロペシアやアロビックス(塩化カルプロニウムを含む外用薬)などの薄毛治療を目的としたお薬も保険は一切適用されません。

ザガーロの処方は自由診療のためクリニックごとに値段が異なる

電卓
ザガーロの処方には保険が適用されないとお伝えしましたが、この場合は薬の処方が自由診療となるため、クリニックごとに値段は異なります。そのため、できるだけ治療にかかるコストを抑えたいのであれば、料金の安いクリニックを選らば良いでしょう。


なお、各クリニックの処方価格は次の記事でまとめていますので、そちらでチェックすることが可能です。

【参考】ザガーロが発売開始!各AGAクリニックの価格はいくら?


例えば、AGAスキンクリニックであれば初月は4800円で処方してもらうことができます。相場が1ヶ月分1万円のため、これはかなりの破格と言って良いでしょう。探せば、このようにザガーロの料金の安いクリニックもあります。


ですから、保険が適用外だからと言って、治療を諦めたりはしないでくださいね。薄毛は進行性の症状なので、それに気付いたときが一番治療がしやすいタイミングですよ。

■本記事のまとめ

ザガーロの処方に限らず、頭髪治療には保険適用はされません。すべて自己負担の自由診療です。
そのため、各クリニックごとに薬を処方する料金は異なってきます。AGAスキンクリニックのように、割安な値段で処方をしてくれるクリニックもありますよ。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

  • AGAクリニックランキング
    薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。