1. ホーム
  2. Q&A
  3. 薄毛治療全般
  4. ≫薄毛治療はAGAクリニックと内科のどちらで受けた方が良い?

薄毛治療はAGAクリニックと内科のどちらで受けた方が良い?

薄毛治療の比較
「30代の薄毛に抜け毛~♪、お医者さんに相談だ~♪」、これは数年前に爆笑問題が出演していたテレビCMで放送されていた中に登場するフレーズです。かなり頻繁に放送されいたCMですので、これをご覧になって「薄毛は病院でも治療できるんだ」と知った方も多いはずです。


なお、このCM自体は薄毛治療薬のプロペシア(成分名フィナステリド)を発売しているMSD社が、プロペシアをPRするために制作したものになります。


では、薄毛はお医者さんに相談だとCMでは言っていましたが、具体的には何科に相談をすれば良いのでしょうか?


まずは、男性型脱毛症の治療を専門に取り扱っているAGA治療専門のクリニックです。「銀座総合美容クリニック」、「AGAスキンクリニック」、「ヘアメディカル」などがこれに該当します。

ヘアメディカル
あとは内科や皮膚科の中にも、プロペシアの処方を取り扱っている病院があるため、そのような医院であれば薄毛治療を受けることが可能です。


では、AGA専門クリニックと内科(皮膚科)であればどちらで治療を受けた方が良いのでしょうか?


以下ではそれぞれの特徴や、治療に必要な費用の相場、使用するお薬などを紹介しますので、どちらで治療を受けるか検討中の方はぜひ参考にしてください。

AGAクリニックと内科の治療との比較

内科(皮膚科)での薄毛治療

女医
  • 使用するお薬…プロペシア
  • 費用の相場…7,000円-9,000円(プロペシアのみの値段)
  • 事前のカウセリング…特に無し
  • 薬以外の治療…特に無し
  • 期待できる効果…星3個
内科や皮膚科は医院数が多いため、自宅から通院がしやすいメリットがあります。ただし、治療内容について選択肢がほとんどなく、処方してもらえるお薬は基本的にプロペシアのみです。


クリニックによっては、プロペシアのジェネリックであるファイザーやサワイの処方にも対応しているところもありますが、いずれも有効成分がフィナステリドのため効果は同じとなります。


発毛促進をサポートする成分であるミノキシジルの処方をしてくれる病院は内科・皮膚科ではまずありません。そのため、受けられる薄毛治療の内容は必要最低限のものであると考えましょう。

AGAクリニックでの薄毛治療

AGAクリニックの医師
  • 使用するお薬…プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルなど
  • 費用の相場…20,000円-35,000円(内服薬と外用薬を合わせた値段)
  • 事前のカウセリング…無料のところが多い
  • 薬以外の治療…育毛メソセラピー、自毛植毛など
  • 期待できる効果…星5個
一方、AGAクリニックのメリットはたくさんの治療方法の中から、自分にあった治療を選べるという点が大きなメリットです。


また、治療前に無料カウンセリングを受けられるクリニックも多いため、その場で頭皮の状態をチェックしてもらいながら、ご自身状態なマッチした最適な治療を提案してもらうことが可能です。


それに、内科のようにお薬がプロペシアということはありません。外用薬や内服タイプのミノキシジルも取り揃えているところがほとんどですので、より高い改善効果を期待できます。


そのため、効果を重視したいという方や、自分の症状に最適な治療を受けたいクリニックを選びをするのであれば、AGA専門医を選択するのが良いでしょう。


ただし、AGA専門クリニックの場合は、内科や皮膚科のように病院の数が多いわけではありませんので、通院が不便であるというデメリットもあります。


ですが、AGA治療の場合は通院ペースは基本的に1ヶ月に1回だけですので、遠方のクリニックであっても通院はそれほど負担にならないはずでうす。そのため、距離だけで選ぶのではなく、いくつからのクリニックで無料カウンセリングを受けてみて、自分に合っていると感じたらところに通院されることをおすすめます。


なお、薄毛治療を専門に行っている病院の選び方や、おすすめできる病院は次の記事でも紹介していますので、そちらの内容もご参考にしてください。

【参考】薄毛治療におすすめのAGA病院ランキング

内科や皮膚科がプロペシアが安いというのは間違い!

医者
勘違いをしている方が非常に多いので、念の為にお伝えしておいことがあります。それは、「内科や皮膚科だと保険が適用されるのでプロペシアが安く買える」という情報です。

残念ながらそれは大きな間違いです。そもそもAGA(男性型脱毛症)の治療に保険は適用されない自由診療のため、治療に必要なお金は全額自己負担となります。これは内科であろうと、AGAクリニックであろうと変わりません。


また、自由診療の場合はお薬の値段を病院側が決めることができるので、相場が7000円-9000円のプロペシアを1万円以上で販売しているところもあります。そのような内科や皮膚科を選ばないためにも、治療を受ける前には事前に「1ヶ月分のプロペシアはいくらで処方していますか?」と確認するようにしましょう。


ちなみにAGAクリニックの中には、格安でプロペシアの処方を行っているところもあります。各AGAクリニックのプロペシアの値段については、次の記事でまとめて紹介していますので、よろしければそちらの内容もご参考にしてください。

【参考】プロペシアの値段はどのくらい?【各AGA病院で比較】

※ 1ヶ月分を4,200円という破格の値段で処方しているクリニックもあります。こうなると個人輸入で海外版を買うより安いです。

■本記事のまとめ

AGAクリニックと内科や皮膚科での薄毛治療の比較をご紹介しました。
内科や皮膚科は通院しやすいというメリットはありますが、治療の選択肢がどうしても限られてきます。
そのため、自分の症状にマッチした薄毛治療をしたいのであれば、AGAクリニックでの治療を受けられるのがおすすめです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。