1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. 植毛の基礎知識
  4. ≫アメリカと日本の自毛植毛治療費の比較@日本の手術費は高い?

アメリカと日本の自毛植毛治療費の比較@日本の手術費は高い?

アメリカと日本の植毛費用の比較
ミノキシジルやフィナステリドを活用しても、薄毛を改善できなかった人から注目を集めている治療方法に『自毛植毛手術』があります。


最近では、日本国内でもアイランドタワークリニックや湘南美容外科クリニック、紀尾井町クリニックなど、自毛植毛手術を受けられるクリニックも全国的に増えてきています。そのため、治療をする方も着実に増えてきており、今後さらに人気は増大するでしょう。


ただし、自毛植毛で薄毛改善をするためには外科手術が必要なため、他の治療と比較すると、値段面ではどうしても高額になってしまいます。


例えば、AGA治療の内服薬のプロペシアの料金は、リーズナブルな病院であれば1万円前後で購入することが可能です(下記記事参照)。一方、自毛植毛手術の場合には、植える本数にもよりますが、100万円程度の費用は必要になりますからね。
プロペシアの値段はどのくらいする?【各AGA病院で比較】


そのため、料金が高い点がネックとなり、自毛植毛をためらう方もいらっしゃるはずです。では、自毛植毛の先進国と言われているアメリカと比較した場合、日本の手術費用は高いものでしょうか?

欧米の相場は1グラフトあたり5ドル

アメリカの植毛費用の相場
アメリカを含め、欧米の植毛価格の相場は、1グラフトあたり5ドル程度と言われています。


ちなみに、グラフトとは自毛植毛で使われる移植単位のことであり、1つの毛包のことを指します。1グラフトあたりの髪の本数は約2本です。


では、日本の場合の料金はどうなっているのでしょうか?


少し前までは、日本国内では自毛植毛手術を受けられるクリニックが少なかったため、競争原理が働かずに、値段もとても高いものでした。毛を1本移植するのに、1,000円以上も支払わなくてはいけないクリニックもあったそうですからね。


しかし、現在ではクリニックも数も増えており、価格競争のおかげで値段もリーズナブルになっています。例えば、湘南美容外科クリニックの場合、3,000グラフトの移植で料金は1,990,000円、1グラフトあたりは約633円です(下記画像)。

湘南美容外科クリニックの自毛植毛の料金
1ドル117円として計算すると、約5.6ドルです。つまり、欧米の移植費用とそれほど違わないことになります。


それに、先ほど紹介した湘南美容外科クリニックの手術は、ARTASと呼ばれるドナー採取システムを活用した最新の自毛植毛法です。ですから、設備が古いから値段が安いという訳でもありません。


以上のことから、日本国内の自毛植毛の料金も、現在は決しては高くはないということが分かって頂けたはずです。また、自毛植毛の場合には、人工毛植毛のようにメンテナンス手術が必要ありませんので、長期的に考えれば治療費も安上がりになる傾向にあります。


1回あたりの手術費用はたしかに高額ですが、コストパーフォマンス的に考えれば人工毛植毛なんかよりも、よっぽどリーズナブルな治療法です。


なお、先ほど紹介した湘南美容外科クリニックでは、無料で医師による個別相談を実施していますので、興味のある方は、一度相談をされてみてください。
湘南美容外科クリニックの口コミと評価【ARTAS植毛が人気】


■本記事のまとめ

欧米の自毛植毛の相場は、1グラフトあたり約5ドル。日本の湘南美容外科クリニックは、1グラフトあたり5.6ドルになるため、欧米と比べて日本が特別に高いという訳ではありません。昔とは違い、クリニック間の価格競争があるため、料金もかなり安くなりました。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。