1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. 自毛植毛の方法
  4. ≫自毛植毛のi-ダイレクト法の特徴@メリットとデメリット

自毛植毛のi-ダイレクト法の特徴@メリットとデメリット

i-direct法
自毛植毛とは自分の後頭部や側頭部の毛を、薄くなった前頭部や頭頂部へ再分配する手術のことです。そして、その方法は1種類だけでなく、さまざまにあります。


例えば、毛1本ずつを植えていく『単一植毛法』や、頭皮を切り取って採取したドナーを植えていく『FUT法』などの方法です。


また、病院によってはクリニックオリジナルの手法を開発しているケースもあります。そして、オリジナル植毛法の中でも人気を集めているものの1つが、アイランドタワークリニックで実施されている『i-direct法(ダイレクト法)』と呼ばれる自毛植毛法です。

アイランドタワークリニック
ただ、クリニックオリジナルの手法であるため、どんな方式なのかイマイチ分からないという方も大勢いらっしゃるはずです。そこで、以下では『i-direct法』の特徴やメリット・デメリットなどを詳しく解説します。


アイランドタワーでの植毛を検討している方や、どの方法で植毛するかを考えている方は、ぜひご覧になってみてください。

i-direct法の特徴(メリット)

医師
i-direct法の大きな特徴は、メスを一切使わずに手術をする点にあります。いわゆる、FUE法※と呼ばれる手術方式の1つです。

※ 頭皮を切らないタイプの自毛植毛法のことです。FUE法の詳しい解説や取り組んでいるクリニックについては、次の記事をご参照ください。
自毛植毛手術FUE法の特徴@メリットとデメリット


では、普通のFUE法とどこか異なるのかというと、それはドナー(植える毛)を採取する際に手作業では無く専用機器を使用する点です。


ドナーの採取に専用機器を使用するメリットは、手術時間が短くなり患者さんへの負担が軽減されること、そして毛根切断率が下がる点にあります。


特に注目して頂きたいのは、2点目のメリットである毛根の切断率が低下するという点です。


実は、FUE法ではドナーを採取する際に、その毛根部分を傷つけてしまうことが、大きな問題となっています。ドナーは限りある貴重なものですので、毛根を傷つけてそれを無駄にするのは本当にもったいないですからね。


しかし、i-direct法ではドナーの採取に専用機械を使用しますので、常に同じ角度で毛を採取することができ、毛根を傷つけにくいというメリットがあります。

手術を受けられる病院が限られている

一方、デメリットについてですが、これは治療を受けられる病院が限られているというところです。


冒頭でも紹介したように、i-direct法はアイランドタワークリニックのオリジナル手法であるので、手術はそこでしか受けることができません。

アイランドタワークリニック
アイランドタワークリニックの治療院は、新宿、大阪、名古屋、福岡の全国4カ所です。つまり、それら4か所でしか、治療を受けられないことになります。ですので、地方にお住まいの方にとっては、通院するのが面倒に感じられるはずです。


ただ、自毛植毛手術は基本的に入院の必要はありません。ですから、たとえ遠方であっても自分が受けたい治療ができる病院に通われることをおすすめします。


ちなみに、アイランドタワークリニックは、自毛植毛で治療する患者さんからは非常に人気の高いクリックで、日本で自毛を植毛手術を受ける10人に7人がこちらの病院を選んでいます。


今でしたら無料カウンセリングも実施していますので、i-direct法に興味がある方は、一度相談をされてみてください。
アイランドタワークリニックの口コミ【i-direct法が人気】


■本記事のまとめ

i-direct法とは、FUE法と同じメスを使わない自毛植毛法です。その特徴は、ドナー(植える毛のグラフト)を採取する際に、手作業では無く専用の機械を使用する点にあります。そして、専用機械を使用することのメリットは、手作業に比べてドナーの毛根を傷つけにくいところです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。