1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. 自毛植毛の方法
  4. ≫レーザー植毛の特徴@デメリットが大きい手術方式

レーザー植毛の特徴@デメリットが大きい手術方式

レーザー
美容整形の手術では、治療でレーザーを活用するケースが多いです。では、自毛植毛ではレーザーを活用することはないのでしょうか?


実は今から10年以上前は自毛植毛の分野においても、レーザーを活用した手術が頻繁に行われていました。具体的に、どの部分にレーザーが活用されていたかというと、毛を植え付ける作業をする際にです。


FUT法※のような自毛植毛では、採取した毛を植え付ける際に頭皮に切り込みを入れますが、そのときにレーザーを使用して切り込み(穴)を入れていたんですね。

※FUT法の特徴については、以下の記事が参考になりますので、そちらをご覧ください。
自毛植毛手術FUE法の特徴@メリットとデメリット


ただし、レーザーを活用した自毛植毛は失敗例が多く報告されるようになったため、現在ではほとんど行われなくなっています。実際、植毛治療の先進国であるアメリカでは、植毛専門医がレーザーを使うことはまずありません。


具体的にどのような失敗が起こるのかというと、植えた毛髪が上手く成長しないというケースが多かったんですね。つまり、ドナー(採取した毛)のほとんどが無駄になってしまうことになります。


では、どうして植毛手術でレーザーを使うと、そのようなケースがたくさん起こったのでしょうか?

レーザーの熱で毛包の周辺組織が焼ける

焼ける
レーザー植毛が失敗しやすい理由として、考えられているのが以下の内容です。

レーザーの熱により、毛包の周辺組織が焼け焦げる

自毛植毛で植えた髪が生着するためには、その毛に対して周辺の毛細血管か酸素や栄養を供給してもらわなくてはいけません。しかし、レーザーにより毛穴周辺の組織が焼けてしまうと、血流が遮断されることになります。


血液の流れが止められてしまうと、毛に対して栄養・酸素を届けられなくなるので、毛の成長はそこで止まってしまいます。そのため、髪は生着することなく、手術が失敗となるケースが多かったんですね。


なお、現在はレーザー使わずに、頭皮にスリットを入れる方式が主流になっていますので、レーザー植毛を行っているクリニックはほとんどありません。


例えば、自毛植毛手術が人気のAGAルネッサンスクリニック、アイランドタワークリニック、紀尾井町クリニックなどは、いずれもレーザーを使用していないです。


あなたが手術する際にも、念のためにカウンセリングの際には手術では、レーザーを使用するのかどうかを確認するようにしましょう。もし、レーザーを使用するような場合には、別のクリニックを検討されることをおすすめします。


■本記事のまとめ

レーザーを使用した自毛植毛は、毛包周辺組織を焼いてしまう可能性があるため、現在はほとんど行われていません。少しでも手術失敗を懸念するなら、レーザー式を避ける方が無難です。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

  • AGAクリニックランキング
    薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。