1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. 自毛植毛の方法
  4. ≫単一植毛法の特徴@メリットとデメリットを詳しく解説

単一植毛法の特徴@メリットとデメリットを詳しく解説

単一植毛
ミノキシジルやプロペシアなどの投薬治療をしても、効果を得られなかった場合、次の対策として『自毛植毛』を選択される方が多いです。


ただし、自毛植毛と言ってもその手術方法はさまざまにあります。例えば、『FUT法』や『FUE法』などは、多くのAGAクリニックで取り扱われている現在の主流となっている手法です。薄毛治療の先進国であるアメリカでも、それらいずれかの手法での植毛がほとんどです。


しかし、日本国内では今まで『単一植毛法』と呼ばれる手法が広く行われていました。では、その『単一植毛法』とはどのような手法なのでしょうか?そして、その手法が行われなくなってきた理由はどうしてなのでしょうか?


以下でそれらの点について、詳しく解説させて頂きます。

単一植毛法とは(メリットの紹介)

生え際
単一植毛法とは、日本と韓国でこれまで広く行われてきた植毛法です(1990年代以降に広まりました)。その大きな特徴は、『Choi式植毛針』という器具を使い施術を行う点にあります。


Choi式植毛針とは、筒状になっている器具なのですが、この内部に毛を1本ずつ採取して、その後は押し出すような形で植え込みを行うことが可能です。つまり、毛の採取と植え込みが1つの器具で完結するんですね。


また、基本的に植える毛は1本ずつのため、細かい植え付けができるため、見た目も自然に仕上がりやすくなります。


ここまで聞くと、使用する器具の種類も少なくて自然に仕上がるので、メリットの大きい手法に感じた方も多いのでは無いでしょうか?


ただし、単一植毛法はデメリットもある手法です。続いて、そのデメリットについて解説いします。

デメリット

デメリット
単一植毛にはいくつかのデメリットがありますが、その中でも特に知っておいて欲しいのが以下の内容です。

植え付け時のピストン圧が大きいため、毛根へのダメージが強くなる

単一植毛は植え付け時の強さは、植毛針によって決まりますが、このピストン圧が非常に強いんですね。そのため、毛根に大きなダメージが残るとされています。


その結果、発毛率が下がる可能性が危惧されているわけです。いくら髪を植えてもそれが生えてこないなら、植毛をする意味なんてありませんよね。そして、そのような可能性が高い手術はできるだけ避けるべきでしょう。


なお、冒頭で紹介したFUT法やFUE法であれば、植え込みはスリットを切って、1株ずつ手作業で植毛していくため、高い定着率を実現できています。ですので、ドナー(植える自分の毛)を1本でも無駄にしたくないなら、それらの手法を選ばれる方がおすすめです。

なお、FUT法やFUE法での手術が受けられるクリニックは、次の記事で紹介していますので、そちらをご参考にしてください。
自毛植毛FUT法のメリットとデメリット

自毛植毛手術FUE法のメリットとデメリット


■本記事のまとめ

単一植毛法は、日本や韓国で広く行われていた手法です。ただし、植毛針がピストン圧が強く毛根にダメージを与える可能性があるため、現在は強くおすすめできない手法になります。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。