1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. 自毛植毛の方法
  4. ≫自毛植毛のメガセッションとは?【大量植毛を受けられる病院】

自毛植毛のメガセッションとは?【大量植毛を受けられる病院】

大量植毛
自毛植毛手術を行う際には、誰も一度にたくさんの毛を移植したいと考えるはずです。面倒な手術を何回も受けたくはありませんし、できるだけ早く外見上も薄い部分を改善したいと思うのは当然のことですからね。


しかし、自毛植毛手術の場合、自分の望んだ本数の髪を1回の手術で移植できるとは限りません。


現在、AGAクリニックで行われている自毛植毛手術の内で、採取時のドナーの切断率が低く、植毛後の定着率が高い、いわゆる質の高い方式としては『FUT法』が有名です。


しかし、このFUT法はドナーの株分け作業が手作業で行われるため、大量の毛を移植しようとすると、それだけ多くの作業員を確保してなくてはいけなくなります。


また、たとえ株分け作業が出来たとしても、それを植え付ける際も見た目が自然に、かつ密度が濃く見えるように、手作業で植毛を行うので、高い集中力と技術力が必要な施術になるんですね。


そのため、作業人員と熟練医師を確保できない限り、一度に大量の植毛をすることが難しくなります。これが、FUT法では大量植毛が難しくなる理由です。


ただし、それを兼ね備えたクリニックでは、一度に大量の植毛を行うことができます。だいたい、2500~3000グラフト(毛の本数にして5,000本から6,000本)の手術を大量植毛と考え、そのような手術のことをメガセッションと呼びます。

メガセッションが可能なクリニック

病院
では、どのようなクリニックでそのような5,000本クラスのメガセッションが可能なのかついてですが、FUT法の場合には、下記のクリニックで対応できます。


■FUT法のメガセッションに対応可能なクリニック
  • 紀尾井町クリニック
  • アイランドタワークリニック
今でしたら、どちらもクリニックでも無料カウンセリングを受けることが可能です。

紀尾井町クリニックの口コミと評価【NHT式自毛植毛が人気】

アイランドタワークリニックの口コミ【10人中7人が選ぶ】


なお、メガセッションを成功させるためには、医師の技術レベルがとても重要になりますので、カウンセリングを受けた際には、その医師に『これまでの植毛手術での最高グラフト数』を確認するようにしてください。


もし、その数値があなたの希望するグラフト本数を下回るようでしたら、リソース面から判断して成功が難しいかもしれませんおで、別のクリニックを検討した方が良いです。


■本記事のまとめ

メガセッションであれば、一度に2,500グラフト(約5,000本)以上の大量植毛が可能です。ただし、病院によっては人員が少ない、医師の技術レベルが低いなどが原因で失敗する可能性もありますので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。