1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. クリニック最新情報
  4. ≫ヘアメディカルでの発毛治療の体験談【AGA治療開始から2年経過】

ヘアメディカルでの発毛治療の体験談【AGA治療開始から2年経過】

ヘアメディカルの発毛治療体験談
これまで当サイト『フサメン』では、過去3回に渡り薄毛治療の成果や治療を受けた心境を報告してくださった小山さん(男性・37歳)。


彼がヘアメディカル(メンズヘルスクリニック東京)で薄毛治療をスタートして2年が経過しました。

メンズヘルスクリニック東京
今回の記事では治療から2年が経過した現在の心境、周りからの反応、これまでに感じた治療の効果や副作用などを詳しくインタビューしてきましたので、その内容をご報告します(小山さんへの過去のインタビューは以下をご参照)。

2年間もの長期間に渡り、1人の患者様を追いかけたインタビューは貴重なため、これから薄毛治療を始める人にとっては有益な情報となるはずです。


ですので、ヘアメディカルグループのクリニック(メンズヘルスクリニック東京・AACクリニック名古屋・脇坂クリニック大阪・城西クリニック)でのAGA治療を考えている方だけでなく、今後病院での発毛治療を検討している方はぜひチェックしてみてください。

小山さんのプロフィール

薄毛治療前の画像
※ こちら(↑)は薄毛治療を受ける前の小山さんの頭部の写真です。

  • 名前:小山さん
  • 年齢:37歳
  • 性別:男性
  • 気になる箇所:頭頂部
  • 職業:システムエンジニア(SE)
  • お住まい:東京都内
  • 家族:奥さんと子供
  • お酒:ほぼ毎日。ワインをグラスで6、7杯※
  • タバコ:喫煙本数は1日5本※
  • 睡眠時間:平均6時間
  • 通院クリニック:メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
  • 治療方法:飲み薬、塗り薬(ミノキシジルとフィナステリド)
  • 1ヶ月あたりの治療費:3万2,000円(税抜き)
※ 小山さんはご自身の判断でタバコとお酒を継続されていますが、髪への影響が不安だという方は医師と相談した上で喫煙・飲酒の習慣を継続するかどうかを判断してください。基本的にどちらも発毛にはよくないとされています。

2年が経過した時点での毛髪の変化【ビフォーアフター】

治療前後
治療前後
上記に画像をご覧いただいても分かるように、生え際・頭頂部ともしっかりと発毛しており、ヘアボリューム・髪の密度のどちらもが増していることがわかります。


なお、生え際に関しては手でおでこをあげているため、M字が目立つように感じる方もいるかもしれませんが、髪を下ろした状態で正面に座って見させてもらうと、生え際が薄いという印象は受けませんでしたね(下記画像参照)。

ヘアメディカルのモニター
実年齢よりも老けてみえるようなことも一切無く、30代後半の歳相応の見た目だと感じました。改めて思いましたが、髪が人に与える印象への影響はとても大きいですね。見た目年齢を若くしたいのなら、整形手術よりも薄毛治療の方が費用対効果は良いですね。


また、小山さん自身の所感として「治療開始から1年が過ぎてから発毛スピードは徐々にゆるやかになってきてはいるが、それでも着実に毛量の増加を感じている」とのことでした。


この辺りも以下のインタビュー本編では、掘り下げてお聞きしていますので、これから治療を検討している方はご参考にしてください。

小山さんが治療中のクリニックの口コミをチェックする

現在、小山さんが治療を受けている『メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル東京)』の口コミは、次の記事でチェックすることができます。

薄毛治療ヘアメディカルの口コミはこちら

なお、ヘアメディカルの薄毛治療について、治療の流れや必要な費用などを詳しく知りたい方は、次の公式サイトで確認することができますので、そちらをご覧になってみてください。

yaji-009
ヘアメディカル

※ 東京、大阪、名古屋、福岡に医院があり、それらのいずれでも同じ治療を受けることが可能です。


インタビュー目次

今回のインタビューでは全部で15項目を、小山さんに質問させていただきました。


すべの質問をチェックしている時間が無いという方は、以下の目次から各Q&Aへアクセスできますので、そちらをご活用ください。


Q1.治療をスタートして2年が経過して、髪のことで感じている変化は?

カレンダー
正直な話をすると、もう自分の髪が薄かった頃のことを忘れてかけています。毎朝鏡を見ても、髪がある状態が普通になったので、特に何も感じ無くなりましたね(笑)。


それから、治療を始めた頃は会社の同僚も面白半分で「お前髪が増えたな」と言ってきたのですが、最近はそれもなくなりました。もう薄毛じゃないことが、私だけでなく周囲にとっても普通になっているんだと思います。


また、心境の変化としては、髪がさらに生えて欲しいというよりも「現状を維持したい」という気持ちがより強くなりました。


ですので、目標は「現状維持」で少しでも髪が増えてくれたらラッキーくらいのスタンスで今は治療に臨んでいます。

Q2.ここ最近で友人・家族から髪や外見について言われたことは?

打ち合わせをするビジネスマン
先ほどもお伝えした通り、髪が生えていることが私も周りも普通の状態になりつつあるので、最近は髪の変化を指摘されることは減りました。


先日も子供が私の昔の写真を見ながら「そういえば、お父さん昔は禿げてたよね」と言ってきたので、子供にとっても私が薄毛だった記憶は消えつつあるようですね。

Q3.前回のインタビューからの薄毛治療で不安になったことは?

悩む男性
実は自分の心に油断ができてしまい、「1日くらいなら薬を飲まなくて良いかな」と治療をさぼってしまうことがありました。


髪が順調に生えてきた結果、心に油断や甘えが生じるようになったのが不安に感じていることですね。まぁ、これについては自分の気持ちを改めれば済む話なのですが(笑)


治療の効果については、特に不安に感じていることはありませんね。自分自身の油断や甘えの方が不安です。

Q4.現在の治療内容(使用しているお薬)を教えてください

薬
処方してもらってるお薬は前回のインタビューから変わりありません。飲み薬と塗り薬(フィナステリド、ミノキシジル)で治療しています。


あと、これを言うと先生に怒られるかもしれませんが、実は夏の暑い時期に塗り薬を使っていなかったんですよ。汗をかいたときに、薬も一緒に流れてきそうなのが嫌で…。


もう一時期よりも暑さも和らいできたので、今は塗り薬もしっかりと付けていますけどね。


また、私の場合は塗り薬を塗らない期間も毛量を維持できましたが、決して良い行為ではありませんので、くれぐれも真似せずにクリニックから処方されたお薬はきちんと使用するべきだと思います。

Q5.今後、薄毛治療の内容を変更する予定はありますか?

ヘアメディカルモニター
先日、薬を減らすことを先生に相談したのですが、「まだ、発毛は続いてるし毛量は増えているんだから、このまま発毛薬を使って治療を続けた方が良いのでは?」と診察していただきましたので、しばらくは今の治療を続けるつもりです。


実際に3ヶ月前と今の毛量を比較してみると、たしかに増えていることがわかるので、今の時点で発毛治療をやめるのはもったいないかと思い、もう少しがんばって治療を続けようかなと思いました。


もし、これ以上の発毛させるのは難しいなと感じた場合には、薬の量を減らして今ある髪を維持する治療に切り替えたいですね。

インタビュアー:薬の量を減らすことに不安はありませんか?

それは全く無いです。もし、薬を減らしたことで毛量が減ったのなら、また薬を再開すれば良いだけですからね。そこには何も不安は感じていないです。

Q6.薄毛治療で副作用は感じていませんか?

モニター
最近ダイエットのために朝食抜きを始めたんですね。私は毎朝薄毛治療のお薬を飲むのですが、朝食を抜いてお薬を飲むと気持ち悪くなる時がありました。


体調が良いときは全く問題ないのですが、前の晩に飲み過ぎて二日酔いのときは、気分が悪くなりやすいですね。症状としては、胃のムカムカや軽いめまいのようなものです。


ただ、その症状は朝ごはんを食べて空腹感を解消すれば収まるので、症状が出た際には朝ごはんを食べるようにしています。例えば、通勤中に症状が出たら、立食いそば屋に入って軽くおそばを食べています。


それ以外は、特に副作用だと感じていることはありません。


もちろん空腹時にお薬を飲むことは推奨されていないですし、食事抜きは私がダイエットのために勝手にやっていることですから、真似はしないでくださいね。

Q7.クリニックでの治療以外で、自主的に取り組まれている育毛・発毛のためのケアを教えてください

歩くビジネスマン
意識してやってるケアというのはほとんど無いですね。クリニックから処方されたお薬を飲んで、塗り薬を頭に付けているくらいです。

インタビュアー:薬の量を減らすことに不安はありませんか?

週の半分くらいは出張に出ているので、歩く距離はデスクワークの人よりも、多いのでそれが運動になっているかもしれません。


たいたい週3日くらいは1日1万2,000歩から1万3,000くらいは歩いていますね。


睡眠時間に関しては毎日平均6時間くらいです。しっかりと寝られている方だと思います。

Q8.今でもお酒やタバコは続けていますから?また、その頻度や量は?

電子タバコ
前回のインタビュー時は、タバコを1日10本吸っていたのですが、その本数が5本に減りましたね。


ただ、タバコは髪のために意識して減らしたわけでは無いです。最近は出張が多くて、出張したときはあまり吸わないので、それで本数が減っているだけですので。


あと、お酒については飲む量が増えましたね。ダイエットのためにビールはやめたのですが、代わりにワインを飲むようになったんです。


そのワインを1日グラス6-7杯飲むようになったので、飲酒量は増えていると思います。


だけど、今の量はさすがに飲み過ぎだと感じているので、次回のクリニックでの血液検査で異常が出たらお酒の量は減らそうかと考えています。

Q9.今気になっているAGA治療があれば教えてください

カルテ
デュタステリド※(商品名:ザガーロ・カプセル)ですね。2016年に日本国内でも処方がスタートして以降、気になっているお薬です。

※ フィナステリド(プロペシア)と同様、活性の強い男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に作用し、抜け毛を抑えるお薬です。AGA(男性型脱毛症)の内服薬として国からも承認を得ており、2016年から国内でも処方がスタートしました。フィナステリドよりも効果は期待できる反面、副作用のリスクも高いと言われているお薬です。


デュタステリドのことは診察時に先生にもお聞きしたのですが、「今の薬で効果出てるんだから、無理して変える必要ないよ」と言われたので、今のお薬であまり効果が出なくなったら、そのタイミングで再検討しようかと思います。


あとは、頭皮に薬剤を入れてそれを頭に注射するメソセラピー治療※にも少し興味はありますね。

※ 育毛メソセラピーはミノキシジルやフィナステリドなどの薬剤に加えて、髪の発毛に重要な役割する成長因子を頭皮に直接注入する治療方法です。なお、ヘアメディカルグループでは育毛メソセラピーを取り扱っていません。


ただ、今のお薬での治療で十分効果は出ていますし、私自身も満足しているので、いずれの方法も今すぐ受けたいという訳では無いです。

Q10.現在のご自身に毛髪には満足していますか?

インタビュー
これはもう大満足ですね。それ以上の言葉はありません。二重丸どころか花丸です。

インタビュアー:ちなみに100点満点で点数をつけるとしたら何点でしょうか?

100点と言いたいところですが、ちょっとだけ欲をもって90点とさせてください。残りの10点は、もう少し生え際の髪を増やしたいという希望ですね。


とは言え、髪全体としてはたいへん満足していますので、これからもぜひヘアメディカルで治療を続けたいです。

Q11.ヘアメディカルで治療を受けて良かったですか?

笑顔のビジネスマン
正直、良かったです。そう感じている理由は、「通院や治療が嫌にもならず、今継続できている自分がいる」という点です。


例えば、「先生が合わない」「場所が遠いので通院が不便」「お薬を飲むのが面倒」など、何か一つでも嫌なことがあったとしたら、自分は治療を続けられませんでした。


ただ、そのように嫌に感じることがほとんどなかったので、ヘアメディカルでの治療を続けられたんだと思いますね。

インタビュアー:マイナスに感じたポイントは全くなかったということでしょうか?

マイナスポイントはあったのかもしれないんですけど、それを上回る成果があったことも大きかったんだと思います。あとは、事前に治療の効果をしっかりと説明してくださった点が大きかったですね。


治療の初めて最初の3カ月間は効果がほとんど無かったのですが、そのことをカウンセラーさんや先生が事前に説明してくれていたんです。「すぐには生えないと思うけど、半年間はがんばってくださいね」と。


そうやって治療前に、しっかりとコミュニケーションを取ることができていたので、効果が出なくて苦しかった最初の3ヶ月間を乗り越えられたのかなと感じています。


あと、毎月の診察時には毎回頭皮の写真を撮ってくれ、先月の写真と比較した上でどこがどう変化したかを先生がお話ししてくれるので、それが励みになって、また来月もがんばろうという気持ちになったので、先生の力は大きかったです。


そういう患者の気持ちをよくわかってくれ、治療を続けることを自然とサポートしくれる先生が在籍しているヘアメディカルだからこそ、私でも治療を続けられたんだと感じています。

Q12.友人や知人や親類に薄毛で悩んでいる人がいたらヘアメディカルを勧められますか?

インタビュー
はい、勧められます。というより、すでに職場の同僚に勧めており、彼は現在ヘアメディカルに通院中です。

インタビュアー:お勧めした方も薄毛治療の効果はでていますか?

すでに彼が治療を始めて1年くらいが経過しているのですが、ワッサァと増えてますね。なんなら、私よりも生えてきてるので少し不満なくらいです(笑)


彼には「お前の髪は生えすぎてるんだから、少しこっちにも分けろよ」とよく冗談で言っていますね。


あと、この前の会社の飲み会のとき上司が「お前が通ってる病院を早く教えろ」と言われたので、上司にも紹介しましたよ。


実際、私自身が治療の効果やクリニックの対応の良さを体感しているので、同僚や上司にも安心して紹介することができるクリニックです。

Q13.ヘアメディカルで治療を受ける前に不安に感じていたことは?

ヘアメディカルのモニター
不安に感じていたことは「本当に髪が増えるかな?」ということ。単純にそれだけですね。

インタビュアー:副作用に不安はありませんでしたか?

カウンセリングや診察で副作用の話も聞きましたが、あまり気にはならなかったです。


もし、副作用が出たらお薬をやめればいいかな、くらいの軽いスタンスでした。そもそも副作用なんて、どんな薬でも可能性はゼロでありませんよね。それこそ風邪薬だって副作用はあります。


だから、それを怖がって治療をやめることの方が嫌でしたね。


それに治療をやってダメなら諦めがつくけど、何もせずに諦めるのことはしたくなかったですからね。だから、チャンスがあるなら治療をしたいという気持ちが強かったです。


そして、初回通院時にカウンセラーさんから色々なお話を聞いて、私の髪はまだチャンスが残っていることが分かったので、治療を受けようと決意しました。

Q14.ヘアメディカルに改善して欲しいことはありますか?

医師
特には無いのですが、あえてあげるとすれば『最新の薄毛治療の情報』についても、診察時に教えていただきたいですね。


「こんな新しい薬が出たんですよ」とか、「今はこんな研究が業界内で注目されています」などのようにです。


自分が時間をかけて向き合っている治療について、もっと詳しく知りたいと思う方は少なからずいるでしょうから、それらの情報をもっと積極的にお話ししてくれても良いかなとは感じます。

Q15.これから薄毛治療を検討している方にメッセージをお願いします

薄毛治療モニター
まずは病院へ行ってみること。ヘアメディカルでなくても良いので、薄毛治療を専門に取り扱うクリニックで診てもらい、治療ができるのかどうなのかを判断してもらうのが先決でしょう。


それに治療が無理だったとして、1つの答えが出ることが良いことが私は思います。ずっと、もじもじして一人で悩み続けても何も問題は解決しません。


そんな一人で悩むことに時間を使うのはもったいないし、その間も薄毛は進行していくので、治療できるの可能性を消さないためにもまずは病院で相談をしてください。


以上で小山さんへのインタビューは終了です。小山さん、いつもご協力いただきありがとうございます。


AGAによる薄毛は進行性の症状のため、放置をしていても改善するものではありません。虫歯と同じように、どんどん症状は悪化していきます。


ですので、小山さんがおっしゃるように、まずはヘアメディカルのような薄毛治療専門のクリニックで状況を確認してもらうことが先決です。


なお、小山さんが治療を受けているヘアメディカルは次の公式サイトから、無料カウンセリングの申し込みが可能です。

ヘアメディカル
カウンセリングだけなら1円も料金は発生しませんので、抜け毛・薄毛などで少しでも悩みがある方は、まずは一度相談をしてみてください。
※ こちら(↑)でヘアメディカルでの治療に必要な料金や、ビフォーアフター画像をチェックすることができます。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。