1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. クリニック最新情報
  4. ≫現役医師が教えるAGAクリニックの選び方と正しい薄毛治療【医師監修】

現役医師が教えるAGAクリニックの選び方と正しい薄毛治療【医師監修】

AGAスキンクリニックの院長
AGA(男性型脱毛症)という言葉が徐々に認知されてきたおかげで、薄毛・ハゲは病院へ行けば治療できるということが一般の方にも広まってきました。


ただ、薄毛を治療するためのクリニックの数も徐々に増えているため、「何を基準に病院を選べば良いのか?」、「そもそも本当に病院で治療できるのか?」などの疑問を持たれている方も多いでしょう。


そこで今回は発毛治療の専門医院であるAGAスキンクリニック・新宿アイランドタワー院の西垣院長に、それらのことについて実際にお話しを伺ってきました。


西垣院長

こちら(↑)が西垣匠院長です


特に発毛治療の専門医院で院長を務める医師が実際に教える『AGAクリニックを選ぶときの大切なポイント』は、たいへん有益な情報ですので、これからAGA治療を受けることを考えている方は、ぜひチェックしてください。

kochira 今すぐAGAクリニックを選ぶポイントをチェックする

インタビュー目次

以下に今回のインタビューで西垣先生に質問した内容をまとめています。質問内容をクリックすれば、インタビュー詳細を確認できますので、全文を読んでいる時間が無い方は、知りたい内容だけをチェックすることが可能です。


なお、特に読んでいただきたいインタビューについては、【要チェック!】と記載していますので、お時間が無い方はそちらを優先してお読みいただければ幸いです。

質問1.発毛治療専門クリニックではどのような方法で薄毛を治療しますか?

インタビュー中の医師
これはクリニックごとで方法は様々だと思いますが、当院(AGAスキンクリニック)の治療方針としては、ベースとなるのは飲み薬と塗り薬です。


まず飲み薬について、最低限必要となるのが『髪を生やすお薬』と『薄毛の進行を抑えるお薬』ですね。それらの内服薬が薄毛治療のベースとなるので毎日飲みます。

飲み薬のリヴァース
続いて塗り薬ですが、こちらはリキッドタイプ(液状)のお薬になります。その中に『発毛を促すお薬』が入っており、その塗り薬を毎日頭皮につけてもらうことになります。

リヴァ―スリキッド
そのように毎日内服薬と飲むことと、外用薬を頭に付けることが治療のベースとなるんですね。


あとは、プラスアルファで頭に直接薬剤を注射する『メソセラピー』という治療を受けることもできます。このメソセラピーの薬剤の中にも、もちろん発毛薬は含まれています。

質問者

処方されるお薬にはどんな成分が含まれているんですか?


まず1つは『ミノキシジル』という成分。これが発毛薬になります。


続いて『フィナステリド』。こちらは薄毛の進行を食い止めるための成分になります。プロペシアやそのジェネリックにあたるファイザーなどの有効成分ですね。


また、フィナステリドで効果を実感できない方や、体質的に合わない方には『デュタステリド』を処方するケースもあります。こちらはザガーロなどに含まれている有効成分ですね。


最後は髪の栄養のために、ビタミンなどを当院独自で配合したサプリメントを処方しています。

■発毛治療専門クリニックでの治療方法(AGAスキンクリニックの場合)
  • 内服薬(治療のベース)
  • 外用薬(治療のベース)
  • メソセラピー(プラスアルファ)

質問2.発毛治療に必要な期間や費用はどのくらいですか?

カレンダー
まず期間について、最低でも半年できれば1年は必要だとお考えください。


発毛治療は半年以上に渡り、続けていかなければいけない治療になります。私も実際にたくさんの患者さんを今までに診てきましたが、大きな変化を実感していただくためには、どうしてもそれだけの期間が必要となります。


発毛治療は1ヶ月や2ヶ月で終わるといった簡単なものではありません。したがって最低でも半年、できれば1年は治療を継続するようにしていただきたいです。

質問者

どうしてそれだけ長い期間が治療に必要なのでしょう?

薄毛治療では効果を実感できるまでに、薬を飲み始めてから3ヶ月間ほど必要となります。ただ、その時点で感じられる変化というのは、「産毛が生えてきたかな?」という程度です。そこからの伸びが見た目の改善では重要になってきます。

西垣先生
産毛からの伸び率には個人差があるので、そこから3ヶ月(治療開始から半年)で大きく改善する人もいれば、さらに半年以上の期間を要する方もいます。そのため、最低でも半年できれば1年間は治療期間として考えてもらいたいです。


続いて費用についてですが、これは患者様が選択する治療プランによって費用には幅があります。

ブタの貯金箱
例えば、あくまでも将来の薄毛を予防することが目的の方の場合、当院では割安なジェネリックの処方も行っているため初月3,400円(2ヶ月目以降6,000円)から内服薬での治療が可能です。


一方で内服薬と外用薬だけでなく、メソセラピーも含めてフルセットで治療を受けたいという方の場合、1年で約100万円の費用が必要です(1ヶ月あたり8-10万円)。


もちろん、各自の予算もあるかと思いますので、それを踏まえて治療プランを決定することもできますので、費用が心配だという方はカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

■治療に必要な期間と費用
  • 期間…最低でも半年以上は必要。ただ、産毛からの伸び率に個人差があるため、できれば1年間は考えておくべき
  • 費用…治療プランによって金額はピンキリ。AGAスキンクリニックなら初月3,400円から治療が可能

質問3.市販の育毛剤で薄毛が改善しないケースでもクリニックなら治療はできる?

育毛剤を付ける男性
市販の育毛剤(発毛剤)なら大正製薬のリアップが有名ですよね。リアップは日本で市販されている育毛剤の中で、唯一ミノキシジルという発毛成分が入ってます。


そのため、リアップは発毛薬だと言い切ることができるんです。CMでも「日本で唯一発毛効果が認められている」と言っていますよね。


ただ、配合されているミノキシジルの濃度は決して高いとは言い切れません。これはリアップを批判しているわけではなく、老若男女だれでも購入できるドラッグストアで販売するとなると、そうせざるを得ないという側面があります。


したがって、リアップシリーズで最もミノキシジル含有率が高い製品であっても、その濃度は5%しかありません(5%の製品は下記画像のリアップX5プラス)。

リアップX5プラス
もちろん、発毛薬ですからその濃度であっても効果が出る可能性はありますが、過度な期待はしない方が良いというのが個人的な意見ですね。


一方、当院では市販品の濃度よりも高いミノキシジル6.5%の外用薬を処方しているため、市販の育毛剤で効果を感じられなかった患者さまがクリニックで治療を受けたら発毛したという事例もあります。


また、先ほどもお伝えしたように当院の治療は外用薬だけでなく、内服薬も使用します。そのため、体の中側からも発毛に対してアプロ―リすることができますし、抜け毛を抑える成分により髪の成長をサポートしてくれます。

リヴァース
発毛治療では体の内側と外側からのどちらからも、しっかりとお薬を吸収することが大切ですからね。市販の外用薬では外からのアプローチしかできませんが、当院の治療であれば内側と外側のどちらかもアプローチが可能なので、患者さまが体感される効果の度合いやスピードは違ってくるはずです。

質問者

市販の育毛剤を使ったら頭皮に湿疹・ただれ・赤みが出た場合も、クリニックで治療はできますか?

もちろんです。当院では内服薬やメソセラピー(頭皮への注射)も行っているので、それらで治療プランを組み立てることもできます。


ですから、市販の育毛剤は副作用が原因で使えなったという場合でも、一度相談をしてください。

■市販の育毛剤での薄毛対策との違い

市販の育毛剤はミノキシジル濃度が最大でも5%だが、クリニックの治療ではそれよりも高い濃度のミノキシジルを処方が可能。
また、外用薬だけでなく内服薬も使って治療するので、体の内側と外側の両方から薄毛に対してアプローチできる。


質問4.内科や皮膚科での薄毛治療と、発毛治療専門クリニックでの治療の違いは?

看護師
内科さんや皮膚科さんで処方できるお薬は『プロペシア(フィナステリド)』あとは『ザガーロ(デュタステリド)』、これら二択しかありません。


つまり、私たちのような発毛治療専門クリニックでは処方できる『ミノキシジル』に関しては、それらの医院では基本的に処方をしてもらうことができないわけです。


先ほどお伝えしたように、『プロペシア』や『ザガーロ』はあくまでも抜け毛・薄毛の進行を食い止める作用しかありません。そのため、発毛を考えている方にとっては、毛量をキープするだけのそのような治療では効果を感じられないでしょう。


そのため、今の毛量をキープするだけでなく、新しい髪を生やして髪のボリュームをアップさせたいのであれば、発毛治療を専門とするAGAクリニックで治療を受けるべきです。


また、当院ではお薬でのミノキシジルの処方に加えて、メソセラピーのような注射での治療も可能なため多方面から薄毛治療に対してアプローチすることができます。

質問者

ちなみに内科や皮膚科で薄毛治療を受けた場合、保険は適用されるのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)の治療は自由診療となるので、たとえ内科さんや皮膚科さんで薬を処方してもらったとしても保険適用はされない全額自己負担の治療になります。それは何科で治療を受けても同じです。

西垣匠医師
AGA治療は全額自己負担というのは国が決めていることなので、医院ごとの判断でどうこうできることではありません。したがって、どこの病院で治療を受けても保険適用外ということに変わりはありません。


ただし、自由診療の場合はクリニックごとにお薬の値段を決められますので、当院のように3,400円から治療を受けられるリーズナブルなクリニックもあれば、内服薬1種類だけで1万円以上も支払う必要があるクリニックもあるので、費用を気にされる方は病院選びも気をつけるべきでしょう※。

※ 薄毛治療を受けるべきAGAクリニックの選び方については、後ほど西垣先生に解説していただいてます。そちらの内容をご覧になりたい方は、以下からチェックできます。
AGAクリニックを選ぶときに注意するポイント


■内科や皮膚科での薄毛治療との違い

内科や皮膚科では抜け毛の進行を止めるための『プロぺシア』や『ザガーロ』は処方してくれるが、発毛薬である『ミノキシジル』は処方してくれない。そのため、毛量をキープできる治療は受けられても、髪を増やす発毛治療を受けることはできない。

毛量をアップさせることを考えるのなら、ミノキシジルを処方可能な発毛治療専門クリニックで治療を受けるべき。
また、内科や皮膚科でAGA治療を受けたとしても、保険は適用されず全額自己負担となる。内科や皮膚科だからといって、保険が適用されて治療費が安くなるわけではない。


質問5.薄毛治療はどのタイミングで始めるのが良い?

薄毛を気にする男性
本人が鏡を見ても全く変化に気づいてない、あるいは他人からも髪に関して指摘が無いという方なのであれば、まだ積極的に治療を受ける必要は無いと思います。


ご自身で「あれ?もしかしたらちょっと以前とは違ってきたのかもしれないな」と感じるのが大きなサインで、そうなったときにはすでに変化が起こり始めています。


ですから、「あれ?」と少しでも感じたら、何か対策を取られた方が良いですね。

質問者

抜け毛の量は気にする必要はありませんか?

抜け毛もサインの1つです。あとは、髪をスタイリングする際に、毛にコシが無くてセットしづらくなったなども1つのサイン。そして、先ほどお伝えした、鏡を見た時に感じる変化もサインです。


とにかく髪のことに関して「あれ?」と違和感がしたら、それは何かしらの変化が起こってるサインです。薄毛は進行性の症状なので、放置しても改善することは絶対にありません。違和感があったら、できるだけ速やかに治療を検討するべきでしょう。

■薄毛治療を受けるタイミング

「鏡を見たら薄くなったような気がする」「抜け毛の量が増えてきた」「なんだか髪がスタイリングしづらい」などの髪に関して「あれ?」という違和感があったら、薄毛が進行しているサイン。
少しでも異変を感じたら、手遅れになる前にすぐに治療を検討しよう。


質問6.AGAクリニックを選ぶのに大切なポイント

AGAクリニックの医師
発毛治療を専門に行うAGAクリニックを選ぶ上で大切なポイントは5つあります。では、それらを順番にお伝えしていきますね。


まず、1つ目に『治療実績が豊富である』ということが大切です。


例えば、ホームページに実際にそこで治療を受けた方のインタビューや、ビフォー・アフターの画像が掲載されていれば、実際に治療の効果を確認することができるので、ご自身が治療を受けた後の様子もイメージしやすいはずです※。

※ AGAスキンクリニックで実際に治療を受けた方のビフォー・アフター画像は次の記事でチェックすることができます。
【参考】AGAスキンクリニックで治療を受けた人のビフォーアフター


続いて、2つ目が『クリニックの運営歴が長い』ことです。

カレンダー
クリニックが長期間にわたり継続してあるということは、それだけ長い期間にわたり患者さまの支持を集めている証拠なので、信頼性の高さにもつながります。


また、新たに開院したAGAクリニックの中には、すぐに閉院してしまうところも中にはあるんですね。もし、そのようなクリニックへ通院してしまっては、物理的に治療を受けることができなくなるので、運営歴は気を付けた方が良いでしょう。


3つ目のポイントが『料金が安すぎない』ことです。

お金と財布
効果のあるお薬には必ず有効成分が含まれています。そして、正しい成分を正規ルートで手に入れようとすると、ある程度料金が上がってしまうんですね。


そのため、お薬の料金のあまりも安すぎるクリニックの場合、確証はありませんが「本当に正規ルートで薬を手に入れているのか?」「格安で輸入した海外の偽造医薬品を使ってるのではないか?」などを疑ってしまいます。


それに偽造医薬品の場合、有効成分が入っていない可能性もあるので、そんな薬をいくら飲んでも薄毛は改善されません。そのようなクリニックへの通院は、時間とお金を浪費するだけなく、大切な髪を失うことにもつながるのでやめるべきです。


そして、4つ目が『医師が診察を行うクリニック』であること。

診察
私はもちろん医師ですが、クリニックによっては医師の資格を持っていない方が診察をするケースがあるそうなんですね。


患者さまは相手が医師のつもりで相談していたのに、実際には医師でもなんでもなかったという風にです。当たり前ですが、そのような方に患者様の症状をきちんと判断できるはずがありません。


また、ホームページに医学博士という記載があったとしても、医学博士は医師でなくても取ることができます。ですので、本当にホームページに掲載されている人物が医師かどうなのかをきちんと確認した上で、通院をするかどうかを決めるべきでしょう。


最後に5つ目のポイントが『カウンセリングをしっかり行なっている』ことです。

カウンセラーの女性
カウンセリングで患者様の症状や悩みを聴いたり、頭皮の状態を見ることをせずに、「じゃあ、この薬を飲んでくださいね」というのはおかしな話ですよね。


そんな方法で適切な治療を受けられるはずがありません。ですから、クリニックへ行ってみてしっかりとカウンセリングをしてくれないのであれば、その病院での治療は考え直すべきです。


例えば、当院では患者様の頭皮の状態を見るにしても、マイクロスコープを使った上でしっかりと観察して、AGAの進行度を確認しています。

マイクロスコープで診察する医師
そういうことをせずに、お薬を処方しているクリニックに対しては、「じゃあ、何を判断材料にその人の薄毛が進行していると判断したの?」と疑問に感じますね。

質問者

西垣先生が院長を務められているAGAスキンクリニックでは、それらのポイントを全て満足していますか?

もちろんです。ですから、薄毛のことで悩みがあるなら安心してご相談していただきたいです。

kochira AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談する


■発毛治療専門クリニックを選ぶのに大切な5つのポイント
  • 治療実績が豊富
  • クリニックの運営歴が長い
  • 料金が安すぎない
  • 医師が診察を行う
  • カウンセリングをしっかりしている

質問7.今、薄毛で悩まれている読者さまにメッセージをお願いします

AGAスキンクリニック西垣院長
髪のことで悩んでいるというのは、改善したいという意思の裏返しだと思います。


おそらく、薄毛・発毛治療について色々な情報をインターネットで見てはいるんだけど、治療への第一歩を踏み出せない状況ではないでしょうか?


ただし、踏み出せない状態のままで時間だけ経過してしまえば、当然さらに薄毛は進行していきます。


今はAGAという言葉自体が一般的にもわかる時代になってきたので、性別・年齢にかかわらず、男女共にクリニックへ足を運びやすい環境になっています。


それに当院では無料でカウンセリングも行っているので、まずはカウンセリングで、今の頭皮の状態を見てもらうだけでも構いません。一歩を踏み出す勇気がとにかく大切ですので、その勇気を出してクリニックまで足を運んでいただきたいですね。

質問者

薄毛は放置していても治らないという話がありましたが、絶対にストップはしないんですか?

ストップをすることはありませんね。これは言い切ることができます。

AGAスキンクリニックの西垣先生
もちろん、睡眠時間を確保する、運動をする、不摂生をやめるなどの生活習慣の改善で、進行を遅らせることはできるかもしれません。ただ、いくら生活習慣を改善しても背景に遺伝が絡んでいる方の場合は、その遺伝の要因がなくなるわけでは無いです。


そのため、発症した薄毛の進行がゆるやかになることはあっても、止まることは絶対にありえない話だとお考えください。だから、まずは勇気を出して、クリニックへ来院しご相談をしていただきたいですね。

AGAスキンクリニックなら無料カウンセリングを受けられる

AGAスキンクリニックの医師
西垣先生、貴重な時間を割いてインタビューにお答えいただき、まことにありがとうございました。


発毛専門クリニックでの治療内容、皮膚科や内科との治療の違い、AGAクリニック選びの重要なポイントなどを現役医師の立場からわかりやすく解説してくださったので、読者さまにとっても非常に参考になる内容だったと思います。


そして、先生が最後におっしゃっていたように、AGA(男性型脱毛症。いわゆる薄毛)は放置していても、改善を期待することはできません。


時間が経てば経つほど、生え際は後退して、頭頂部の地肌は目立ってきますので、少しでも髪に異変を感じたら、AGA治療を専門とするクリニックで相談するのが良いでしょう。


なお、西垣先生が院長を務めるAGAスキンクリニックでは、無料カウンセリングを実施していますので、頭皮の状況を無料でチェックしてくれます。

診察中の医師
無料カウンセリングは次の公式サイトから申し込み可能です。髪のことで少しでも「あれ?」と異変を感じたら、まずは頭皮の状態だけでもチェックしてもらうのが良いでしょう。
※ 全国46院で治療が可能なクリニックです。1ヶ月あたり3,400円というリーズナブルな金額で薄毛治療を始められます。

その他のQ&Aまとめ

上述した内容以外にも薄毛治療について、気になることがあったのでそちらも西垣先生に質問してみました。


それらの内容については、以下でまとめて紹介しますので、興味のある方はそちらの内容もご覧になってみてください。


Q1.クリニックで発毛治療を受ける人は、今後も増えると思いますか?

女性看護師
現時点でもかなり増えたなという印象ではありますが、まだ薄毛で悩んでいる方の半数もクリニックへは来ていないと思うので、今後もさらに増えてくるでしょうね。

質問者

クリニックへ来院する人が増える理由は、市販の育毛剤だけではあまり効果を期待できないからでしょうか?

それはあると思います。市販の育毛剤を購入して、手っ取り早く治そうとしたけれど、結局それだけじゃ生えなかったからクリニックへ来たという方はたくさんいますからね。


そういった方たちの正直な意見が口コミで広まれば、「薄毛を治療したいのなら病院へ行くべき」という正しい情報も伝わっていくはずなので、クリニックで治療を受ける方も増える要因になるでしょう。

Q2.ヘアサロン(アデランスやアートネイチャー)と発毛治療専門クリニックとでは何が違うのでしょうか?

シャンプーの陳列
根本的に違うのは、ヘアサロン(育毛サロン)には医師がいないという点です。


アデランスさんやアートネイチャーさんのようなヘアサロンは、医師ではない方が頭髪の知識を身につけられて営業をされていますよね?


それでサービスとしては、「頭皮の詰まった汚れを落とすこと」や「頭皮のマッサージ」などを行っていると思います。たしかに頭皮環境が良くなる可能性はあるのでしょうが、それで髪の毛が新たに生えるかと言われれば、私は疑問に感じます。


そのため、根本的に髪を生やしたいのであれば、医師がいて医療行為を行うクリニックへ行くべきです。


けれど、ウィッグ(カツラ)を使って簡単にボリュームアップさせたいという方や、増毛(自分の髪に人工毛を結んで毛量をアップさせる方法)をしたいという方は、それらのサービスを提供しているヘアサロンを利用してみることは方法の1つとして考えても良いかもしれません。


ただし、ウィッグにしても増毛にしても、頭皮にとってはそれなりにリスクを伴うということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

Q3.親や祖父、兄弟が薄毛でもクリニックの治療で改善することはできますか?

薄毛の男性
薄毛の背景は多くのケースで遺伝が存在しています。そのため、お父様、おじいさま、ご兄弟が薄毛の方である場合、ご自身が改善する可能性は非常に高いでしょう。


そういった遺伝での薄毛で悩んでいる方たちのために、当院のようなクリニックは存在しています。


むしろ、悩んでいるご本人さまだけでなく、家系全員が来院してくだされば全員が効果を期待できるかなと思いますね。

Q4.普段の生活で髪の健康のために気をつけるべきことはありますか?

睡眠
「適度な睡眠時間」「煙草を吸わないこと」「適度な運動」「バランスの良い食事」。これら4つの項目は特に注意していただきたいですね。


まず、『睡眠時間』というのは、とりすぎてしまっても、とらなさすぎてしまってもダメなんです。髪や体の健康のためには6時間から7時間半ぐらいが良いでしょう。


2つ目が『タバコ』、これはもう絶対ダメですね。なぜかと言うと、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮してしまう作用があるからです。


太い血管であればそこまで影響を受けない可能性は高いですが、髪の毛の周辺っていうのは非常に細い毛細血管が多いんですね。


どの血管も細かくて小っちゃい血管。ということは、タバコを吸うことによる血管収縮作用の影響を受けやすく、髪の成長には良くないと考えられます。


ですから、タバコは何が何でもやめてもらいたいですね。まだせめてiQOS(アイコス)のほうがましかなと思います。


3つ目の『適度な運動』。これも血流を改善して行くためには、大切なことです。ヨガやウォーキング、あるいはジムに通うでも構いませんので、体を動かして血流状態をしっかり保つということは髪のためには重要と言えます。


そして、最後の4つ目が『バランスの良い食事』。偏った食事をすると、高脂血症などのリスクにもつながり、髪の毛へ栄養が行きづらくなる可能性があるので注意が必要です。


以上、紹介した4つの項目については気をつけていただきたいですね。

Q5.普段使うシャンプーで注意することはありますか?

シャワーを浴びる男性
勘違いされる方が多いのですが、どれだけ良いシャンプーを使ったとしてもそれだけで髪が生えてくることはありません。例えば、スカルプDという有名な商品がありますよね?あの商品は悪くは無い商品です。ただ、あれだけをいくら使っても髪は生えて来ないです。


たしかに、髪を洗うこと以外に、プラスアルファの育毛作用はあるのかもしれません。しかし、あまりシャンプーに期待してお金をかけすぎるのはどうかな?と思います。

質問者

ではシャンプーはどんなものでも良いのでしょうか?

薄毛が進行して頭皮環境そのものが良くない状態の人の場合は、『ラウレス硫酸Na(ナトリウム)』『ラウリル硫酸Na(ナトリウム)』『ラウレス硫酸アンモニウム』『ラウリル硫酸アンモニウム』などの石油合成系の洗浄剤が含まれている市販シャンプーは使わない方が良いでしょう。


それらの成分は洗浄力が高すぎるため、頭皮環境が悪化している方にはおすすめできません。


やっぱり人間って髪の毛を含めてたんぱく質が主成分なわけですから、その元となるアミノ酸が入っているものは良いですね。そのため、アミノ酸系のシャンプーであれば市販のものでも使って良いと患者様にはお伝えしています。

質問者

具体的にはどんなシャンプーが良いのでしょうか?

シャンプーのことを相談される患者様には、当院のBalumoシャンプー(バルモ)を紹介していますね。このシャンプーはおすすめです。

バルモシャンプー

Q6.家族に内緒で治療を進めることはできる?

内緒
もちろんできますね。ダイレクトメールなどは届かないようすることも可能です。


また、奥様がちょっと疑って、お電話されてくるようなケースも考えられますが、その際も個人情報はお伝えしないように対応しています。

Q7.AGAスキンクリニックが他のクリニックと比較して優れている点は?

天秤
メソセラピーですね。結構有名で料金の安いクリニックさんが都内にあるんですけど、そこでは行ってはいない治療方法です。


メソセラピーは注射器で直接頭皮にお薬を注入する治療方法です。これを行うメリットの1つが『生やす力』です。発毛薬であるミノキシジルを直接頭皮に注入するため、高い発毛効果を期待できます。


そして、もう一つのメリットが『ヘアサイクルの改善』。通常の内服薬と外用薬の治療だけでは、ヘアサイクルを元に戻す(改善する)ことにどうしても時間がかかります。


その戻すスピードを極力速める作用がメソセラピーにはあります。で、なぜそれができるかというと、直接注入することによって、毛根周囲の細胞そのものを活性化する働きがあるからなんです。


もちろん、外用薬や市販のリアップでもミノキシジルを頭皮に吸収させることはできますが、外から塗るだけではそんなに深いところまでは浸透はしていきません。毛根周辺の細胞付近に効果的にアプローチしようとすると、メソセラピーが大事になってくると思いますね。

Q8.クリニックで使用するお薬にはどんな副作用がある?

薬
お薬によって症状が違ってきますので順に説明をしていきますね。


まずは発毛薬『ミノキシジル』。こちらが恐らく副作用としては一番出やすいものかと思うんですが、血流を良くする(もともとは血圧を下げるお薬)働きがあるので、血圧の低下があります。


ただ、そこまで作用の強いものでは無いので、大きく血圧が下がるということは考えにくいです。


それから、血管を広げて血流を多くするため、心臓にも多少負担がかかります。したがって動悸ですとか、むくみなどを感じる方がいらっしゃいます。


他には、髪だけでなく体毛が濃くなる方もいますね。いわゆる多毛症と呼ばれる作用です。ただ、体毛が濃くなるということは、薬に体が反応している証でもあるので、良い兆候であるとも言えます。


あとは薬を始めてから1週間から2週間くらいで、少し抜け毛が増える方がいます。これは初期脱毛という症状で、1ヶ月もすれば収まるので特に心配はいりません。

■ミノキシジルの主な副作用
  • 血圧の低下
  • むくみ
  • 動悸
  • 多毛症
  • 初期脱毛

次に薄毛の進行を抑える『フィナステリド』というお薬についてですが、副作用が全くないわけではありません。


しかし、作用自体、それほど強い薬剤ではありませんので、そこまで副作用について神経質になる必要はないと思います。その中でも挙げられるとすれば、性欲が多少落ちる可能性があるということでしょう。


フィナステリドは男性ホルモンに直接作用しているわけではないんですが、男性ホルモンと絡んでいる部分がありますので、人によっては性欲や男性機能を低下させる可能性があるとされています。

■フィナステリドの主な副作用
  • 性欲の減退
  • 男性機能の低下

Q9.患者さまがAGAスキンクリニックさまを選ばれる主な理由は?

指差し確認する医師
まず、統括院長の麻生が薄毛で悩んだ過去があり、自分自身がクリニックで提供しているものと同じ薄毛治療を体験されているっていうことが一番大きいと思います。


それから、テレビやインターネットで当院が紹介される機会が増えているので、知っている人が多いというのも選ぶ際の理由の1つになっているように感じますね。


あとは、クリニック自体の歴史も長く、治療実績も豊富な点でしょう。患者さまにとっては、治療実績が多いということは安心材料の1つなので、病院を選ぶ際の大きなきっかけになっているはずです。

Q10.AGAスキンクリニックさまの患者様の年齢層は?

円グラフ
20代、30代が圧倒的に多いです。やはり若い方であればあるほど、ご自身の見た目は気になるものですからね。


もう結婚されていれば別かもしれませんけども、結婚する前の方にとっては薄毛かそうでないかという重要な問題なので、気になるのも当然だと思います。

Q11.今後の発毛治療業界はどのように発展されていくとお考えですか?

薄毛治療の研究
最近で言えばiPS細胞の研究などが進んでいますので、そのような幹細胞治療が発毛治療にも適用されていくと思います。


今であればまだブタなどの上澄み成分だけを使ってというところだったのが、他人のiPS細胞を用いて実際に網膜手術するということまで来ていますからね。


最初は主要臓器の治療から進んでいくでしょうが、ゆくゆくは発毛治療にも応用できてくるとは思います。近い将来、今あるような医学的なお薬以外の候補っていうものも出てくる可能性は高いと感じています。


以上で、AGAスキンクリニック・新宿アイランドタワー院の西垣院長への薄毛・発毛治療に関するQ&Aは終了です。


西垣先生、ご協力いただきありがとうございました。なお、西垣先生が院長を務められるAGAスキンクリニックでは、現在無料カウンセリングを実施しています。

kochira AGAスキンクリニックで無料カウンセリングを申し込む

※本記事の内容は医師が監修済みです

西垣匠医師
本記事はAGAスキンクリニック新宿アイランドタワー院の院長を務める西垣匠医師に監修していただいています。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。