1. ホーム
  2. AGAクリニック
  3. クリニック最新情報
  4. ≫アンドロゲンレセプター遺伝子検査を受けました【AGAのなりやすさを判定】

アンドロゲンレセプター遺伝子検査を受けました【AGAのなりやすさを判定】

アンドロゲンレセプター検査
今はまだ禿げてはいないけれど、父親や祖父が薄毛にだから自分も将来禿るのでは無いかと心配をしている男性は非常に多いです。ですが、将来が薄毛になるかなんて、自分一人で悩んでいてもわかりません。


それに、一人で悶々と悩み続けることはストレス過多にもつながるので、余計に薄毛の進行を悪化させます。


「でも、悩むなって言われても、薄毛になるのが心配で悩むのは当然のこだと思うんだけど…」


でしたら、ご自身が薄毛になりやすい体質なのかどうかを一度検査してみてはいかがでしょう?


薄毛治療クリニックの中には、男性型脱毛症(AGA)のなりやすさを判定する「アンドロゲンレセプター遺伝子検査(アンドロゲンレセプター検査、AR検査、AR遺伝子多型解析とも呼ぶ)」を受けられるところがあるんですね。


実は当サイト「フサメン」のスタッフも、AGA治療で有名なヘアメディカル大阪院(脇坂クリニック大阪)で先日アンドロゲンレセプター検査を受けてきました。

ヘアメディカル
そこで、こちらの記事ではアンドロゲンレセプター検査の概要、検査の費用、判定方法、実際の結果などをご紹介します。今抜け毛が増えて悩んでいて、遺伝子検査を受けることを考えている方はご参考にしてください。

アンドロゲンレセプター遺伝子検査で調べるのはDNA塩基配列の長さ

DNA
アンドロゲンレセプター遺伝子検査を調べるのは、私たちの遺伝子の中のある特定の塩基配列(CAGとGGC)の長さ(リピート数)です。


※ 検査では下記の画像のように、目に見える状態で自分自身の遺伝子配列がわかります。

遺伝子配列
それらの塩基配列を調べることで、男性型脱毛症の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすいかどうかを知ることができるんですね。


もし、DHTの影響を受けやすい体質だと検査で判定されれば、自分はAGAになるリスクが高いということがわかるので、速やかに薄毛治療の計画を建てられます。また検査の結果、AGAになるリスクが低いと分かれば、不安やストレスから解消されるため、精神衛生的にも良いです。


そのため、将来薄毛になるかどうかが不安だという方にとっては、どのような結果が出るにしてもメリットがあると言えるでしょう。


なお、アンドロゲンレセプター検査は「血液」か「唾液」がどちらかで行われ、そのどちらを検体として使用するかはクリニックにより異なります。今回スタッフが検査を受けたヘアメディカルでは血液による検査だったので採血が必要でした。

検査の費用や判定が出るまでの期間

電卓
では、検査の費用がどのくらい必要かについてですが、ヘアメディカルの場合は20,520円(税込み)でした。また、参考のために各クリニックでのアンドロゲンレセプター遺伝子検査の費用をまとめておきます。

■各クリニックの遺伝子検査の費用
  • 銀クリ…19,440円
  • 湘南美容外科クリニック…20,088円
  • ヘアメディカル…20,520円
値段だけなら銀クリが最も安いですね。ただし最安値とは言っても、ヘアメディカルと比較しても1000円ほどしか変わりませんので、検査が目的なら家から近いクリニックで受ければ良いかと思います。

【関連】銀クリAGAの口コミと評価【低料金で患者満足度が高い!】


なお、検査結果が出るまでの期間は、ヘアメディカルの場合は約1ヶ月必要でした。いずれのクリニックも、検査自体は専用設備が整った検査機関に依頼することになるので、数週間以上の期間はかかるものです。


ですので、少しでも早く結果を知りたい方は、1日も早く検査を受けたほうが良いでしょう。

検査結果の判定方法

血液検査
ヘアメディカルの場合、結果としてGAGリピート数とGGCリピート数が書かれた紙が手渡されます。その報告書を元にして、クリニックの医師がAGAのリスクがあるかどうかを説明してくれます。ちなみに今回検査を受けた方の結果は、次のようなものでした。

アンドロゲンレセプター検査の結果
■アンドロゲンレセプター遺伝子検査の結果
  • CAGリピート数…24回
  • CGCリピート数…17回
  • 合計リピート数…41回
AGAのリスクの高さは、上記の合計リピート数で判定します。今回の場合「41」ですね。この数値が低いほどAGAになる可能性が大きく、高いほどAGAの可能性は低くなります。具体的な判定基準は以下の通りです。


■アンドロゲンレセプター検査の判定方法
  • 38以下…男性型脱毛症が発症する確率が高い(リスク大)
  • 39~41…男性型脱毛症が疑われる(リスク中)
  • 42以上…男性型脱毛症が発症する確率が低い(リスク小)
今回の検査を受けた方は合計数値が41でしたので、「将来的に男性型脱毛症になる可能性はあるので、治療というよりは予防目的でフィナステリド(プロペシア)の使用を考えても良いかもしれない。ただリスクはそれほど高くないので、今すぐ治療を初めなくてはいけないということはありませんよ」とのアドバイスを受けていました。


無理やり治療を受けさせるのではなく、今回のように検査結果を元にして本当にためになるアドバイスをしてくれるのは患者さんにとっては非常に嬉しいことですよね。


ヘアメディカルでの検査では、検査結果の紙を渡して終わりではなく、医師からの説明と今後の治療方針をアドバイスしてくれるので、薄毛のことで悩んでいる方にとっては価値のある内容だと感じました。

AGAクリニックの医師
費用は約2万円と決して安くはありませんが、1回検査を受けておけば不安・ストレスの解消につながるはずですので、悩んでいる方はぜひ一度受けてもらいたいですね。


なお、ヘアメディカルのさらに詳しい情報や、治療を受けた方の口コミは次の記事から確認することができます。

【参考】薄毛治療ヘアメディカルの口コミ【治療実績150万人超え】

カウンセリングだけなら無料で受けられますので、検査を受けるかどうか悩んでいる方は、まずはカウンセリングだけを受けて薄毛について相談してみるのも良いでしょう。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【Check!】薄毛治療病院ランキング

AGAクリニックランキング
薄毛に治療におすすめのクリニックをランキング形式で紹介しています。AGA治療での病院選びの3つのポイントも詳しく解説中です。